VBC

商品を実際に見なくても月商300万円稼げる物販

2017年4月10日

幅魔王は2013年7月からVBCを活用した物販ビジネスを開始し、2016年10月に脱サラするに至った。そして、2017年1月に初めて月商300万円に到達した。しかし、これは最も売れ筋の商品の実物を一度も見ることなく達成し […]...

» 続きを読む


ガス抜きのためにやる現物株と投資信託

2017年4月9日

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。サヤ取り投資は売りと買いを同時にかけるため、相場全体の動きに左右されない。さらに10ペア位同時に保有するので、それだけでリスク分散がなされている。サヤ取り投資はリスク […]...

» 続きを読む


脱サラ後うまくいかないときはあえて動かない

2017年4月3日

幅魔王は2016年10月に脱サラし、2017年2月まで4か月連続して資産が増加した。ここまでは順調だったが、2017年2月に物販ビジネスでの仕入れが滞り、売上が激減する見込みである。しかし、うまくいかないときはあえて動か […]...

» 続きを読む


あと1年無収入に近い状態が続いたら再就職を考える

2017年4月2日

幅魔王は2016年10月に脱サラし、それから4か月連続で資産が増加した。しかし、物販ビジネスで扱っている商品がモデルチェンジしたことに伴い仕入れが滞ってしまった。そのため、2016年3月は売上が激減し、脱サラして初めて資 […]...

» 続きを読む


収入が減っても現在の生活がある程度の期間維持できれば脱サラ

2017年3月31日

副業が本業を超えないと脱サラはしないほうがいいと思い込んでいる人が多い。しかし、もしそうであるならば本業の収入が高い人ほど脱サラのハードルは高くなってしまう。脱サラしてみるとわかるが、副業が本業の収入を超える前に脱サラし […]...

» 続きを読む


信用の両張りよりも現物の片張りのほうがリスクが高い

2017年3月28日

信用取引は現物取引よりも一般的にリスクが高いと言われている。しかし、現物取引は空売りができない。信用取引も買いと空売りを同時にかけておけばかなりリスクが低減できる。むしろ買いしかできない現物取引のほうがリスクが高いのでは […]...

» 続きを読む


脱サラしてから4か月連続で資産が増加

2017年3月26日

脱サラすると会社からの安定収入がなくなる。従って、脱サラした後の心配はいつまで貯金が持つかということである。しかし、その心配とは裏腹に脱サラしてから4か月連続で資産が増加した。...

» 続きを読む


サヤ取りと塩漬け株の解消で50万円を利確

2017年3月23日

2017年2月は株でかつてないほど利確することができた。2016年3月か始めたサヤ取り投資が好調だったこともあるが、長期にわたって塩漬けだった現物株がストップ高になり、塩漬けを解消したのも大きかった。...

» 続きを読む


物販は特殊な才能がなくても誰でもできる

2017年3月20日

幅魔王は2013年からVBCを活用した物販ビジネスを開始し、2016年10月に脱サラするに至った。物販ビジネスで脱サラする人はそれほど多くはないが、物販ビジネスというのは特殊な才能を必要とせず誰でもできるビジネスである。...

» 続きを読む


Amazonは独自ブランド販売に行きつく

2017年3月18日

幅魔王はVBCを活用した物販ビジネスで脱サラすることに成功した。脱サラするまでは単純転売で収益を上げていたが、単純転売の場合、競合に相乗りされたり、商標権攻撃を受けたりすることは避けられない。やはり、物販は最終的に独自ブ […]...

» 続きを読む


1 13 14 15 16 17 18 19 21

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める