サヤ取り

サヤ取り 3月最終週に利確寸前からサヤが開いた4ペア中3ペアは利確

2018年4月24日

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。このサヤ取りであるが、2018年3月の最終週から4月の第1週にかけてサヤが異常な動きをした。保有しているペアの含み損益が大きく悪化したが、4月の第2週になってよう […]...

» 続きを読む


サヤ取り 利確寸前→損切寸前→決済期限で何とか利確

2018年4月23日

幅魔王が2016年3月より実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年3月の最終週と4月1週目に大きく含み損益が悪化した。利確寸前までサヤが閉じていたのにサヤが急激に開き、損切寸前まで行ってしまったペアが続出したこと […]...

» 続きを読む


信用余力は減っても追証になることはまずないサヤ取り

2018年4月20日

2018年3月後半からサヤ取りの様子がおかしくなり、信用余力が大きく低下してしまった。そのため、2018年4月前半に新規ペアが仕掛けられない事態が生じた。それでもサヤ取りをやっている場合、追証が発生するような事態はまずあ […]...

» 続きを読む


サヤ取り 4月1週目は大きく含み損益が悪化するも損切なし

2018年4月18日

3月最終週から4月第1週にかけてサヤ取り口座の含み損益がかつてないほど大きく悪化した。4月の1週目は含み損益が20万円以上悪化したが、幸運なことに期限前に損切りするペアは出てこなかった。...

» 続きを読む


サヤ取り 信用余力に引っかかったため上限額引下げを検討

2018年4月17日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取りであるが、2017年9月から2018年2月にかけて6か月連続で実現損益がプラスとなった。これに伴って仕掛金額の上限を引き上げたが、2018年4月に信用余力に引っかかり、上 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 2営業日で25万円含み損益が悪化 実現損益がマイナスに

2018年4月9日

2017年9月から2018年2月まで5か月連続で実現損益がプラスとなったサヤ取りであるが、2018年3月は最終週に大きく含み損益が悪化し、実現損益が7か月ぶりのマイナスとなってしまった。サヤが閉じてきたペアは利確ラインに […]...

» 続きを読む


サヤ取りで起きている逆転現象

2018年4月7日

今年も4月になった。2018年分のサヤ取りのデータも3か月分が集まった。2018年仕掛け分のデータを見ると大きくサヤが閉じて利確したペアがその後大きくサヤが開いていたり、逆に大きくサヤが開いて損切りしたペアがその後大きく […]...

» 続きを読む


サヤ取り 4万円のプラスのはずがマイナス7千円で決済

2018年4月4日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年3月は好調のはずが実現損益が思ったよりも向上しない。というのも前日の終値では4万円以上プラスだったペアが翌日の寄付きでサヤが開いてマイナスで決済す […]...

» 続きを読む


サヤ取り 1日で含み損益が16万円改善

2018年4月3日

2018年3月は株価が大きく乱高下した。相場全体も乱高下したが、それにともなって株のサヤも大きく動いた。1日で過去最大の16万円も含み益が改善した人があった。...

» 続きを読む


短期的取引である一方で、長期的に資産を増やせるサヤ取り

2018年3月19日

幅魔王は投資の中でも一攫千金を狙うようなハイリスクハイリターンの投資は嫌いである。逆に長期にわたってコツコツと資産を少しずつ増やしていく投資が好きである。サヤ取りは1銘柄当たりの取引期間は短いが長期にわたってコツコツと資 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 7 12

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める