北の物販俱楽部

運営事務局の中心メンバーの1人は何か提供したのだろうか?

2017年11月5日

2017年1月に100億円不動産王俱楽部の運営事務局が消滅してから1年近くが経過した。運営事務局に対して多くのメンバーが不満の声を上げている。これまで何らかの有用な情報を提供してきたならばまだしも何も提供できなかったので […]...

» 続きを読む


2014年までは投資ビジネスのセミナーに片っ端から参加

2017年11月1日

幅魔王は脱サラするための下地を整えるため、2014年までは様々な投資やビジネスのセミナーに参加してきた。そして、多くの投資やビジネスの案件に手を出してきた。しかし、今では参加するセミナーを厳選し、新たな投資やビジネスには […]...

» 続きを読む


楽天証券とライブスター証券に口座を分ける

2017年9月24日

幅魔王は2016年3月以来、株のサヤ取り投資を実践している。そして、2017年8月から北の物販倶楽部での株式投資手法も実践することにした。両者は全く異なった取引ルールでやっているため、証券会社を分けることにした。...

» 続きを読む


法人化したらどのみち会社を辞めざるを得なかった

2017年9月21日

脱サラしたことによって会社員からのストレスから解放され、本当に良かったと思っている。一方で、脱サラすると会社からの安定収入を失う。もう少し会社にいれば資金繰りが良くなっていたのではと思うこともある。しかし、法人化したらい […]...

» 続きを読む


会社の飲み会で孤立するのは努力が足りないからではない

2017年9月18日

会社の飲み会では気の合わない人と話さなくてはならない。気の合わない人と話すという苦痛の時間が過ぎ去ると今度は席替えが始まり、自分の周りに誰もいなくなり、孤立するという恐怖に変わる。...

» 続きを読む


サヤ取りはトレンドに反する投資手法

2017年4月29日

株は下がったら買い、上がったら売るのが鉄則と言われている。しかし、株が下がった場合は大抵は下落相場なので買うとさらに下がってしまう。逆に株が上がった場合は上昇相場なので、株を売るとさらに上がってしまい、損した気分になる。 […]...

» 続きを読む


サヤ取りは金額で損切しないほうがいいという結論?

2017年4月19日

幅魔王は2016年3月から日本株のサヤ取り投資を実践している。仕掛け、手仕舞いルールを少しずつ修正しながらやっているが、結果的に途中で損切しないほうがいい結果が出ている。...

» 続きを読む


ガス抜きのためにやる現物株と投資信託

2017年4月9日

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を開始した。サヤ取り投資は売りと買いを同時にかけるため、相場全体の動きに左右されない。さらに10ペア位同時に保有するので、それだけでリスク分散がなされている。サヤ取り投資はリスク […]...

» 続きを読む


サヤ取りを知れば投資詐欺にひっからなくなる

2017年4月5日

幅魔王は2016年から株のサヤ取り投資を開始した。中断期間もあったため、2017年前半の時点においてまだその効果を検証中である。しかし、これまで集めた情報によればサヤ取りさえやれば他の投資をやる必要はないと考えている。つ […]...

» 続きを読む


信用の両張りよりも現物の片張りのほうがリスクが高い

2017年3月28日

信用取引は現物取引よりも一般的にリスクが高いと言われている。しかし、現物取引は空売りができない。信用取引も買いと空売りを同時にかけておけばかなりリスクが低減できる。むしろ買いしかできない現物取引のほうがリスクが高いのでは […]...

» 続きを読む


1 2 3

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める