毎月配当型投資信託

給料日に積み立てる毎月配当型投資信託

2018年8月20日

幅魔王が2015年6月より積み立てを継続している毎月配当型投資信託であるが、それなりの期間積み立てを継続しているとそれなりの利回りを出すことができる。どのように積み立てていけば効率よくかつリスクが少なく利回りを得ることが […]...

» 続きを読む


半年以上保有するとプラスに転じる毎月配当型投資信託

2018年8月9日

2015年6月7月と高値で大量に購入した毎月配当型投資信託であるが、1年前の2017年7月に20%以上利確することに成功した。2017年後半から基準価格が急激に下落したので、半年間少しずつ購入してきたところ、2018年7 […]...

» 続きを読む


投資は大手証券口座を利用したものしかしない

2018年6月13日

幅魔王2013年にタイ・アユタヤとマレーシア・ジョホールバルの不動産を購入した。しかし、それ以降は不動産投資はやっていない。それどころか大手証券口座を通した投資以外はやらないようにしている。...

» 続きを読む


分配金をドルコスト平均法で投資する毎月配当型投資信託

2018年5月18日

毎月配当型投資信託に関連するSNSで毎月配当型投資信託のパフォーマンスがひどいという苦情があった。確かに長期的に見て価格が下落し続けている。しかし、分配金を再投資していき、ある程度の期間保有していればかなりの確率でそれな […]...

» 続きを読む


毎月配当型投資信託のパフォーマンスがひどいと言われているが

2018年4月21日

3年前の2015年から幅魔王が購入してきた毎月配当型投資信託であるが、基準価格が下落を続け、一部ではパフォーマンスがひどいという批判の声が出ている。しかし、ある程度の長期にわたっても持ち続ければ分配金がそれなりに入るので […]...

» 続きを読む


3/23の暴落で資産が20万円以上増加

2018年4月5日

2018年3月は相場が非常に荒れている。2017年10月から2018年1月までは明らかな上昇相場だったが、2018年2月以降、相場が乱高下している。2018年3月23日は日経平均が1000円近く下落した。この下落によって […]...

» 続きを読む


2018年2月の株価大幅下落で資産が増加

2018年2月19日

2017年9月から2018年1月にかけて世界的に大きく株価は上昇した。しかし、2018年2月前半はNYダウが過去最大の下げ幅になるなど株価が大きく下落した。この下落によって増えた分の資産が減っている人も多いかもしれないが […]...

» 続きを読む


3年前にしたビットコインか毎月配当型投資信託かの選択

2018年2月2日

3年くらい前に100億円不動産王倶楽部経由でビットコインのマイニング案件の紹介があった。それとほぼ時を同じくして毎月配当型投資信託も紹介された。結果的に毎月配当型投資信託を選択した。その時ビットコインをやっていれば今もの […]...

» 続きを読む


運営事務局の中心メンバーの1人は何か提供したのだろうか?

2017年11月5日

2017年1月に100億円不動産王俱楽部の運営事務局が消滅してから1年近くが経過した。運営事務局に対して多くのメンバーが不満の声を上げている。これまで何らかの有用な情報を提供してきたならばまだしも何も提供できなかったので […]...

» 続きを読む


現金が減ってきたらサヤ取りの口座から切り崩す

2017年9月25日

脱サラすると会社からの安定収入がなくなる。もし無収入の期間が続き、最悪に近いペースで資産が減少した場合、どうなるのかという想定をしておく必要がある。特に現金が減少した場合はどこから現金を切り崩すのかという想定をしておけば […]...

» 続きを読む


1 2 3

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める