脱サラ

会社員時代の同期会があったらしいが声がかからず

2018年7月9日

先日会社員時代の同僚と飲む機会があった。年齢が近く、気の合う人ばかりが集まった飲み会だったが幅魔王の同期は1人もいなかった。その中で、最近幅魔王の同期が会社を退職したという話があり、同期会があったということであった。しか […]...

» 続きを読む


会社員時代の先輩に誘われた飲みに同期は0

2018年7月8日

2018年6月に会社員時代の先輩(とは言っても幅魔王よりも前に退職した先輩であるが)に飲みに誘われた。気の合う元同僚だけを集めてくれたが、なんと退職者が過半数であった。そして、飲みのメンバーに元同期は1人もいなかった。...

» 続きを読む


追加融資によって2年7か月 → 2年10か月に

2018年7月6日

2018年6月は物販ビジネスとサヤ取りの不調で資産が想定通り減少してしまった。しかし、地銀から400万円の追加融資が決定した。これによって現金が増加し、貯金が尽きるまでの期間が延びた。毎年継続的に融資を獲得し、融資金額も […]...

» 続きを読む


貯金が2~3年持ち、想定通り減り続けているほうがかえって安全

2018年6月27日

幅魔王が2016年10月に脱サラしてから物販ビジネスの好調があり、4か月連続で資産が増加した。しかし、その後は資産が想定通りのペースで減少し続けている。貯金が少なすぎるのは危ないが逆に一生遊んで暮らせるレベルの貯金がある […]...

» 続きを読む


富裕層になったら情報発信をしている場合ではない

2018年6月17日

幅魔王が脱サラしてから1年半以上が経過した。このブログも脱サラ当初から執筆しているので、ブログを書き始めてから2年近くになる。毎日更新してきたが、不思議なことにネタ切れにはならない。今後ブログの執筆を辞める理由としてあり […]...

» 続きを読む


ミスをするのが怖いから会社を辞めた

2018年6月14日

幅魔王が10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしてから1年半以上が経過した。会社員時代の大きなストレスは「仕事にミスがないか」ということを毎日びくびくしなければいけないことであった。路線バスに乗る機会がなんどかあった […]...

» 続きを読む


イマドキ新人は定時で即帰る → 人間として当然のこと

2018年6月3日

なぜイマドキ新入社員は定時で即帰ってしまうのかという記事を読んだ。幅魔王の新人時代を思い出すと当然のことように定時で帰っていた。しかも「何かやることはありますか?」などと聞いた記憶などない。新人が定時で帰るなど人間として […]...

» 続きを読む


職場のアホというよりは人間の屑からどう逃げ出すか

2018年6月1日

「どうすれば「職場のアホ」と戦わないですむのか?という記事を読んだ。「職場のアホ」というのは少し頭の悪い人のことを言うのかと思ったら、他人のことを執拗に誹謗中傷することにしか楽しみのないいわゆる人間の屑のことをいうらしい […]...

» 続きを読む


月曜日に疲れる人は精神的疲れ

2018年5月26日

月曜日に疲れる人は 「精神的な疲れ」に要注意という記事を読んだ。会社員時代は月曜から疲れているというか気分が落ち込んでいて、金曜が近づくにつれて少しずつ気持ちが軽くなっていった。しかし、これは精神的疲労というよりも人間と […]...

» 続きを読む


大衆迎合主義が嫌だから大企業を退職した

2018年5月21日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。退職を上司に切り出したときは当然のことながら退職理由を聞かれた。次の会社に転職ではなく独立起業することを正直に話した。「新しいことならば会社にいて […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 27

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める