脱サラ

会社員時代の同期は2割の敵と8割の傍観者

2018年11月17日

8:2の法則とか2:6:2の法則というのをよく聞く。会社員の場合、2:6:2の法則というものがあって、2割が敵、6割が中立、2割が味方というものらしい。しかし、自分の会社員時代の同期には味方はおらず、2割の敵と8割の傍観 […]...

» 続きを読む


何年も会っていない人の結婚式には行かないほうがいい

2018年11月16日

友人の結婚式でひとりぼっち 「昔の仲間は僕だけだった・・・」という記事を読んだ。昔の友人の結婚式に参加したら知り合いがほとんどいなかったらしい。何年も会っていない人の結婚式には参加しないほうがいいということがよくわかった […]...

» 続きを読む


「辞めたくても辞めさせないブラック企業」→辞めて正解

2018年11月15日

詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相という記事を読んだ。幅魔王自身退職時期を3か月も先延ばしにされたが、これも会社がブラック化している表れと見ることができる。大手企業を退職して脱サラ […]...

» 続きを読む


出張先を間違えたり出張自体を忘れてしまう恐怖

2018年10月21日

幅魔王の会社員時代を振り返ると出張が異常に多かった。海外出張や宿泊を伴う出張はまれだったが、同じ県内や隣の県にあるグループ会社や他部署に半日から1日かけて行く出張が多かった。出張先が複数あるため、出張先を間違えたり、出張 […]...

» 続きを読む


脱サラして初めて祝日を間違える

2018年10月20日

2018年10月8日は体育の日で国民の祝日であった。しかし、幅魔王は体育の日を2018年10月15日と勘違いしていた。脱サラすると平日も休日もあまり関係なくなるが、脱サラ後2年が経過して初めて祝日を間違えた。...

» 続きを読む


脱サラする前に想像した最悪の未来

2018年10月18日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。ということで、2018年10月で脱サラしてちょうど2年が経過したことになる。退職する旨を上司に伝えてから実際に脱サラしてしばらくするまでは本当に脱 […]...

» 続きを読む


貴乃花親方は退職したほうが生き生きとするのでは

2018年10月13日

2018年9月に貴乃花親方が日本相撲協会を退職したというニュースは日本中に衝撃を与えた。貴乃花部屋では将来有望な弟子が育ってきており、現役時代はもとより、貴乃花親方は指導者としても優れていることがわかるだけに残念なニュー […]...

» 続きを読む


管理職になりたくない人が6割しかいないらしい

2018年10月12日

会社員の6割「管理職なりたくない」 負担増に嫌気?という記事を読んだ。タイトルだけ読んで思ったのは管理職になりたくない人が6割しかいないということである。幅魔王は会社に入社した当初から管理職には絶対になりたくなかった。...

» 続きを読む


脱サラしてもうすぐ2年が経過

2018年10月10日

2018年10月末で脱サラして2年が経過したことになる。大学院を卒業してから1つの会社、しかも大手企業で10年近く勤務してきたので、脱サラする前から本当に大丈夫なのかと不安が絶えなかった。しかし、脱サラして2年が経過した […]...

» 続きを読む


少しのミスではなく重大なミスが脱サラのきっかけの1つに

2018年10月5日

「休み明けは会社に行きたくない」投稿が話題に、出社を嫌がる心理とその対処法とは?という記事を読んだ。この中に「完璧主義の人ほど出社したくないと感じる」ということが書かれていた。しかし、仕事で重大なミスをすると完璧主義でな […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 27

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める