Amazon

VBCのサポートで再度月商300万円への道筋が見えてきた

2017年11月18日

幅魔王は2017年1月に初めて物販ビジネスで月商300万円に到達した。しかし、翌2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあったため、売上が激減してしまった。その後なかなか売上が伸びなかったがVBCのサポートを活用した日本Ama […]...

» 続きを読む


Amazonとebayとの連携はAmazonと楽天の後

2017年11月15日

2017年10月にVBCのサポートを受けて日本で販売したOEM商品が完売し、物販ビジネスでの月商300万が再び見えてきた。しかし、一方で国内販売も国外販売もほとんどをAmazonに依存している状況には変わらない。国内は楽 […]...

» 続きを読む


売上が留保され、想定以上のスピードで資産が減少

2017年11月14日

2017年10月は物販ビジネスでの9月分の仕入れの増加によるクレジットカードの支払いと日本Amazonでの売上留保によって想定以上のスピードで資産が減少してしまった。しかし、11月は10月分の仕入れが増えなかったことと、 […]...

» 続きを読む


Amazonの次のステップは楽天か

2017年11月13日

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続し、2016年10月に脱サラするに至った。2017年1月には初めて月商300万円に到達した。しかし、ほとんどの売上をAmazonによって上げている。Am […]...

» 続きを読む


日本Amazon 1商品だけで月商50万円

2017年11月11日

幅魔王は物販ビジネスで日本とアメリカのAmazonで販売を継続してきた。これまで日本ではあまり売れずに日本の売上はアメリカの10分の1に過ぎず最高でも月商30万円だった。しかし、VBCのサポートを受けてから日本での売上が […]...

» 続きを読む


日本Amazon 1商品だけで日商8万円

2017年11月6日

2017年9月からVBCのサポートを受けて日本Amazonでの販売を開始した。これまで日本での売上はアメリカの10分の1以下であったが、VBCのサポートを受けたところ日本Amazonで1商品だけで日商8万円を上げることが […]...

» 続きを読む


日本・新規カタログ・1万円以上でも毎日売れる

2017年11月4日

VBCのサポートを受け始めてから日本Amazonでの売上が上がってきた。OEM商品で新規カタログでしかも1万円以上の価格帯の商品なのに毎日売れるようになってきた。商品数をもう少し増やせば日米のAmazonで月商300万円 […]...

» 続きを読む


Amazon広告を再開してから2日連続日商1000ドル

2017年11月3日

2017年1月に月商300万円を記録した物販ビジネスであるが、売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった。2017年7月に売上が回復の兆しを見せたが8月以降売上が伸びてこない。しかし、Amazon広告を再開 […]...

» 続きを読む


多くの種類を販売するほどアカウント停止のリスクが上がる

2017年10月28日

物販で大きく稼いでいる人の中には外注やツールを使って大量出品している人もいる。一方で、幅魔王はそれほど多くの商品を販売しているわけではない。販売する商品の種類を増やせば売上も増えるかもしれないが、それと同時にAmazon […]...

» 続きを読む


脱サラ後に収入が0になるという最悪の想定

2017年9月27日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしたわけであるが、ある程度副業で収入を得ている状況で脱サラした。しかし、それでも今後無収入が続くことを想定してあと貯金がどのくらい持つかを計算している。...

» 続きを読む


1 2 3 4 5

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める