ジョホールバル

2018年8月は資産が微減し貯金は2年9か月

2018年9月9日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で会社からの安定収入を失う。無収入で毎月の出費がかさむという最悪に近い想定をしたうえであとどのくらい貯金が持つかという計算を毎月しているが、2018年8月は資産が少し減っ […]...

» 続きを読む


事実に反しているため言い訳になっていない

2018年9月6日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。幅魔王には来なかったが、旧運営事務局か […]...

» 続きを読む


先立って建設された3つの不動産は稼働率ほぼ100%に

2018年6月16日

幅魔王が2013年に購入したマレーシア・ジョホールバルの不動産であるが、2018年3月に賃貸開始から1年以内にテナントが付いた。テナントは3か月という短期契約である。しかし、同じ管理会社が同一地区で管理する3つの不動産は […]...

» 続きを読む


家賃収入はあってもローン支払いまでは賄えない

2018年6月15日

幅魔王が2013年に購入したマレーシア・ジョホールバルの不動産であるが、2018年3月にテナントが付き、5月に初めての家賃収入が入ってきた。しかし、ローン支払い分までは賄えず、キャッシュフローはマイナスであった。今後の家 […]...

» 続きを読む


最悪の想定のうち2つが崩れる

2018年4月14日

脱サラすると会社員時代にあった様々なストレスから解放される。一方で、会社からの安定収入を失う。そのため、あとどのくらい貯金が持つかという計算を毎月しているが、その計算はあくまで限りなく最悪に近い状況を想定している。しかし […]...

» 続きを読む


ジョホールバル 短期ながらテナント決定

2018年4月6日

幅魔王が2013年に購入したマレーシア・ジョホールバルの不動産であるが、2017年7月の賃貸開始から1年もたたずに2018年3月にテナントが付いた。3か月という短期であるが、思ったよりも早くテナントが付いたので、今後も期 […]...

» 続きを読む


短期的取引である一方で、長期的に資産を増やせるサヤ取り

2018年3月19日

幅魔王は投資の中でも一攫千金を狙うようなハイリスクハイリターンの投資は嫌いである。逆に長期にわたってコツコツと資産を少しずつ増やしていく投資が好きである。サヤ取りは1銘柄当たりの取引期間は短いが長期にわたってコツコツと資 […]...

» 続きを読む


4か月で1か月分の貯金しか減っていない

2018年3月12日

脱サラすると会社員時代の様々なストレスから解放される。しかし、それと引き換えに安定収入を失う。そのため、あとどのくらい貯金がもつかということを常に気にしておく必要がある。幅魔王の場合、2017年11月から物販ビジネスの売 […]...

» 続きを読む


海外不動産の損益は管理会社の質に依存

2018年2月22日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会し、マレーシア・ジョホールバルとタイ・アユタヤの不動産を購入した。マレーシア・ジョホールバルのほうの不動産はまだテナントはついていないものの、管理会社がしっかりと営業活動 […]...

» 続きを読む


ジョホールバル 追加家具を購入

2018年2月10日

幅魔王が2013年にマレーシア・ジョホールバルに購入した不動産であるが、2017年から賃貸開始となった。しかし、半年以上が経過したがまだテナントはついてない。テナントをつけるために追加家具購入の提案があった。...

» 続きを読む


1 2 3 4 5

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める