アユタヤ

香港の長期積み立て投資に積み立てている間はまだ余力がある

2017年9月2日

本ブログでは触れていなかったが、幅魔王は2014年10月から香港の長期積み立て投資に毎月600ドルを積み立てている。脱サラして会社からの安定収入がなくなるとこの600ドルはかなり重くのしかかってくるがそれでもしばらくは積 […]...

» 続きを読む


GBC以外にも成功案件が複数あった100億円不動産王俱楽部

2017年8月24日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部であるが、2017年に運営事務局が消滅した。そして、会員からは失敗案件ばかりであるとの批判が相次いだ。しかし、100億円不動産王俱楽部で紹介された多くの案件に投資をした […]...

» 続きを読む


アユタヤに文句を言うよりも物販にエネルギーを割くほうが賢明

2017年8月23日

100億円不動産王俱楽部内のSNSでは100億円不動産王俱楽部で紹介された案件に対する批判が相次いでいる。特に幅魔王も購入したタイ・アユタヤ不動産は稼働率が上がってこず、さらには乗っ取り事件もあった。しかし、これに文句を […]...

» 続きを読む


GBCで得た金額 >>> アユタヤで失った金額

2017年8月12日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、そこで紹介された案件は失敗案件ばかりであるという批判が相次いでいる。確かに幅魔王が購入したタイ・アユタヤの不動産は稼働率が上がらず、買取保証もなされるかが不透明で […]...

» 続きを読む


100億円の資産があったとしてもアユタヤ買取対応は難しいのか

2017年8月3日

幅魔王が2013年に購入したアユタヤ不動産であるが、稼働率が上がってこない。賃貸開始から2年経過した今でも10%程度である。このような状況下ではほぼすべてのオーナーが買取保証を行使すると思われるが、果たして当初の契約通り […]...

» 続きを読む


100億円不動産王俱楽部に入ってよかったのか

2017年8月2日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、失敗案件続きで2017年1月には運営事務局が消滅するという事態になっている。しかし、このような状況になっても結果として100億円不動産王俱楽部に入会してよかったと […]...

» 続きを読む


前の会社の持株を全部売却

2017年7月31日

幅魔王は会社員時代に持株を購入していた。持株の一部は売却したが、ほとんどは脱サラ後も保有していた。しかし、2017年7月に持株の価格が上昇したこともあり、すべて売却して現金化した。...

» 続きを読む


アユタヤの買取保証の代金はビットコインで分割支払いか

2017年7月13日

アユタヤ不動産の買取保証ができるまであと1年を切った。しかし、アユタヤ不動産は乗っ取り事件があったり、管理会社の財政状況がよくないという噂が広まったりして買取保証が行使できないのではないかという噂が広まっている。仮に買取 […]...

» 続きを読む


最悪でも1年後にはアユタヤの支払いの必要がなくなる

2017年7月4日

幅魔王が2013年に購入したアユタヤ不動産の買取保証が解禁されるまであと1年となった。アユタヤ不動産は稼働率が上がらず、乗っ取り事件もあり現在刑事訴訟中である。このような中で買取保証を行使できるかは不透明であるが、いずれ […]...

» 続きを読む


flpプレミアとは一体何だったのか

2017年6月25日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部は2017年に運営事務局が消滅し、もはや立ち消え状態となってしまっている。100億円不動産王俱楽部の会員になれば無料で参加できたflpプレミアという仕組みがあったが一体 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 7 8

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める