2017年12月 記事一覧

経済危機に備えたければ空売りすればいい

2017年12月11日

2017年11月に日経平均はバブル後の最高値を更新した。その後株価は少し落ち着いたがまだかなり高値を付けている。ここまで株価が上がるといつ暴落が来るのかと不安に思う人もいるかもしれない。「経済危機に備えて現金を何に変えて […]...

» 続きを読む


外注はVBC、FBA、転送業者だけ

2017年12月10日

物販ビジネスは梱包発送が大変であるというイメージがある。しかし、実際にはそれらをすべて外注化してしまうことによりPCとネット環境さえあればどこでもできるビジネスとなる。一方で、外注を使えば使うほど固定費がかかる。幅魔王は […]...

» 続きを読む


メルカリからはいつの間にか撤退

2017年12月9日

2016年9月に日本のAmazonアカウントが閉鎖になったのを機にメルカリでの販売を開始した。しかし、圏外飛ばしや規制が厳しくなったことに伴い、2017年9月を最後にメルカリからは撤退することにした。今後はAmazonF […]...

» 続きを読む


ebayは不良在庫処分から始める

2017年12月8日

ebayとAmazonとの連動を始めたが、あまりにもebayのリミットが低すぎてほとんど出品ができなかった。ebayでは原価割れにもなってもいいので、Amazonの不良在庫処理から始めるのが賢明なのかもしれない。...

» 続きを読む


せいぜいあと2年くらいの仮想通貨よりも永遠に続くサヤ取り

2017年12月7日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。100億円不動産王自身も海外不動産から仮想通貨に軸足を置いているものと思われるが、その仮想通貨すらおいし […]...

» 続きを読む


なぜアメリカ経済は崩壊しているのにアメリカで販売するのか

2017年12月6日

100億円不動産王倶楽部のジアーストレンドでは大手メディアでの報道と同様にアメリカ経済が好調であるように説明がなされていた。しかし、実際にはアメリカ経済が崩壊しているとみる専門家が多く、アメリカ経済が崩壊しているとする説 […]...

» 続きを読む


11/16 上昇相場でサヤが理不尽に拡大し10万円以上損切

2017年12月5日

9月、10月連続でプラスとなり復調してきたかのように見えたサヤ取りであるが、やはり決算発表後のサヤの動きは不安定である。決算発表後に大きくサヤが開き、少し閉じ始めたところを狙った2つのペアであるがまたサヤが大きく開き損切 […]...

» 続きを読む


反対説の各論を挙げてそれをすべて否定しないと説得力がない

2017年12月4日

2017年1月に運営事務局が消滅し、立ち消え状態となってしまった100億円不動産王倶楽部であるが、それまでジアーストレンドというコンテンツで100億円不動産王が世界経済の現状を説明していた。その中でどうしても納得がいかな […]...

» 続きを読む


物販では季節性のない商品しか扱っていない

2017年12月3日

物販をやっている人であれば年末商戦に向けて仕入れを増やしている人も多いかもしれない。しかし、幅魔王はあまり季節性のない商材しか扱っていないため、年末商戦はあまり関係ない。在庫が減った分だけ仕入れればよいだけの話である。...

» 続きを読む


もう1人の殺意を覚えるほど嫌いな同期は酒癖が悪かった

2017年12月2日

幅魔王は会社員時代に同じ部署に同期が多くいたが、仲のいい同期はほとんどいなかった。そのうち1人は新人の時はその本性を見せなかったが、入社2年目くらいから本性を見せ始めた。しらふのときはおとなしいが、酒を飲むと偉そうな態度 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める