2017年11月 記事一覧

大手メディアと同じことを言っていては価値がない

2017年11月10日

2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった100億円不動産王倶楽部であるが、2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツが毎月配信されていた。しかし、このコンテンツも大手メディアと […]...

» 続きを読む


稼ぐための道筋の明確さとサポートを比較しても差は明らか

2017年11月9日

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。100億円不動産王俱楽部で紹介された案件のうち、物販を主軸にしたGBC(現VBC)で稼げるようになり、脱サラに成功した。一方で、情報発信を主軸にし […]...

» 続きを読む


GBCに対抗する裏SNSに招待されたがすぐに立ち消え

2017年11月8日

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。現在では移管されてしまったが当初GBC内にはSNSがあり、GBCのメンバーが日記を書いたりメッセージを交換したりすることができた。そのSNSの中で […]...

» 続きを読む


他人の男女関係にしか興味がなくなったら人生終わり

2017年11月7日

会社員時代の飲み会の話題で仕事の愚痴と並んで定番なのが男女関係の話である。自分に関係する話ならばまだしも自分に関係ない第三者の男女関係の話の何が面白いのだろうか?自分と関係ない第三者の男女関係の話が最初に出てくるというこ […]...

» 続きを読む


日本Amazon 1商品だけで日商8万円

2017年11月6日

2017年9月からVBCのサポートを受けて日本Amazonでの販売を開始した。これまで日本での売上はアメリカの10分の1以下であったが、VBCのサポートを受けたところ日本Amazonで1商品だけで日商8万円を上げることが […]...

» 続きを読む


運営事務局の中心メンバーの1人は何か提供したのだろうか?

2017年11月5日

2017年1月に100億円不動産王俱楽部の運営事務局が消滅してから1年近くが経過した。運営事務局に対して多くのメンバーが不満の声を上げている。これまで何らかの有用な情報を提供してきたならばまだしも何も提供できなかったので […]...

» 続きを読む


日本・新規カタログ・1万円以上でも毎日売れる

2017年11月4日

VBCのサポートを受け始めてから日本Amazonでの売上が上がってきた。OEM商品で新規カタログでしかも1万円以上の価格帯の商品なのに毎日売れるようになってきた。商品数をもう少し増やせば日米のAmazonで月商300万円 […]...

» 続きを読む


Amazon広告を再開してから2日連続日商1000ドル

2017年11月3日

2017年1月に月商300万円を記録した物販ビジネスであるが、売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった。2017年7月に売上が回復の兆しを見せたが8月以降売上が伸びてこない。しかし、Amazon広告を再開 […]...

» 続きを読む


立ち消えになった原因を購入者側に求めないでほしい

2017年11月2日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、100億円不動産王俱楽部で紹介されたビジネスはGBC(現VBC)を除いて立ち消え状態となっている。しかし、最近になって立ち消え状態となった原因を購入者側に求めよう […]...

» 続きを読む


2014年までは投資ビジネスのセミナーに片っ端から参加

2017年11月1日

幅魔王は脱サラするための下地を整えるため、2014年までは様々な投資やビジネスのセミナーに参加してきた。そして、多くの投資やビジネスの案件に手を出してきた。しかし、今では参加するセミナーを厳選し、新たな投資やビジネスには […]...

» 続きを読む


1 2 3

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める