VBCを活用した物販ビジネス

2017年7月は4日連続で売上0→27日連続売上

2017年8月26日

幅魔王は2016年10月に脱サラして以降、物販ビジネスの好調もあり、2017年2月まで4年連続で資産が増加した。しかし、2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が低迷してしまった。このまま低迷が続くと思われ […]...

» 続きを読む


アユタヤに文句を言うよりも物販にエネルギーを割くほうが賢明

2017年8月23日

100億円不動産王俱楽部内のSNSでは100億円不動産王俱楽部で紹介された案件に対する批判が相次いでいる。特に幅魔王も購入したタイ・アユタヤ不動産は稼働率が上がってこず、さらには乗っ取り事件もあった。しかし、これに文句を […]...

» 続きを読む


新規カタログだけで月商1万ドル以上

2017年8月17日

2017年1月に初めて月商300万円を達成した物販ビジネスであるが、主力商品は既に販売実績があり、レビューも多くついている商品であった。しかし、それらの商品がモデルチェンジとなり、新規カタログでの販売を余儀なくされた。そ […]...

» 続きを読む


2017年7月はアメリカだけで月商1万3千ドルで昨年の3倍

2017年8月16日

2017年7月の中盤以降物販ビジネスが持ち直してきた。7月1日から4日まで4日連続で売上なしで7月はスタートした。このまま物販ビジネスは低迷するものかと思われたがその後売上が上昇してきた。...

» 続きを読む


暑さで何もする気が起きなくても勝手に売上が上がる物販ビジネス

2017年8月15日

幅魔王はどちらかというと寒がりで夏の暑さは他の人に比べれば苦にしないほうである。しかしそうは言っても、今年の7月8月は例外なく暑く何もする気が起きないのは他の人と同じであろう。しかし、何もする気が起きなくても物販ビジネス […]...

» 続きを読む


GBCで得た金額 >>> アユタヤで失った金額

2017年8月12日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、そこで紹介された案件は失敗案件ばかりであるという批判が相次いでいる。確かに幅魔王が購入したタイ・アユタヤの不動産は稼働率が上がらず、買取保証もなされるかが不透明で […]...

» 続きを読む


法人化してすぐに申し込んでが2つの法人カードの審査に通った

2017年8月6日

法人化の手続きが完了して次にやるのが法人口座の開設とクレジットカードの作成である。しかし、調べると法人化して間もないころはまだ信用がないので、クレジットカードの審査に落ちることが多いとのことである。しかし、法人化して1カ […]...

» 続きを読む


100億円不動産王俱楽部に入ってよかったのか

2017年8月2日

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、失敗案件続きで2017年1月には運営事務局が消滅するという事態になっている。しかし、このような状況になっても結果として100億円不動産王俱楽部に入会してよかったと […]...

» 続きを読む


出店出品仕入れ販売までして売れないというのなら理解できるが

2017年7月30日

幅魔王は2016年に脱サラして以降、物販ビジネスを専業で行っている。2017年2月場では売れ行きが好調で2017年1月には初めて月商300万円に到達した。しかし、売れ筋商品のモデルチェンジがあった関係で2017年3月以降 […]...

» 続きを読む


日本Amazonでの販売を再開

2017年7月29日

2016年8月にアカウントが停止になって以降、販売をしていなかった日本Amazonであるが、1年ぶりに法人としてアカウントを取得し、販売を再開することを決定した。...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 10

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める