脱サラ後の資産状況

追加融資により2年2か月→2年8か月に

2019年7月16日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年6月末時点で貯金が持つ期間はあと2年2か月であったが、翌2019年7月に追加 […]...

» 続きを読む


2019年前半で崩れた最悪の想定

2019年7月10日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。この計算は極めて最悪に近い状況を想定しているが、2019年前半で最悪の想定がいくつか崩 […]...

» 続きを読む


2019年6月は1か月分資産が減少し、残り2年2か月に

2019年7月1日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年6月は1か月分の試算が減少し、貯金が持つ期間は残り2年2か月になった。...

» 続きを読む


追加融資で生き残れる期間は2年3か月に

2019年5月22日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年5月は本来であれば出費がかさんで2か月分の資産が減少するはずであった。しかし […]...

» 続きを読む


2019年4月は半月分資産が減少し、残り2年2か月に

2019年5月1日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年4月は半月分資産が減少し、最悪に近い事態を想定した場合に生き残れる期間は残り […]...

» 続きを読む


2018年3月は1か月分資産が減少し、残り2年3か月

2019年3月31日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年3月は1か月分資産が減少したため、最悪に近い事態を想定した場合に生き残れる期 […]...

» 続きを読む


2019年2月は資産が微減し、2年4か月のまま

2019年3月2日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年2月は資産が減少したものの、減少分は前月の増加分とほぼ同じであった。というこ […]...

» 続きを読む


2019年1月は資産が微増し、残り2年4か月

2019年2月7日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2019年1月は資産が減少するどころか微増した。ということで最悪に近い事態を想定した場 […]...

» 続きを読む


2019年資産を減らさないための算段

2019年1月1日

2019年になった。2016年後半に脱サラしたということで、脱サラして3回目の正月を迎えた。昨年2018年は物販ビジネスでの主力商品の出荷停止とサヤ取りなどの投資の不調などで大きく資産を減らしてしまった。2019年は少な […]...

» 続きを読む


2018年11月は半月分資産が減って残り2年6か月

2018年12月9日

脱サラすると会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。そこで、毎月あとどのくらい貯金が持つかを計算している。2018年11月は半月分資産が減って、最悪に近い事態を想定した場合に生き残れる期間は残 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 7

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める