脱サラ後の資産状況

売上が留保され、想定以上のスピードで資産が減少

2017年11月14日

2017年10月は物販ビジネスでの9月分の仕入れの増加によるクレジットカードの支払いと日本Amazonでの売上留保によって想定以上のスピードで資産が減少してしまった。しかし、11月は10月分の仕入れが増えなかったことと、 […]...

» 続きを読む


1年半後には地銀も公庫も返済が約半分終わっている

2017年10月27日

2017年10月時点で最悪に近い状況を想定した場合、貯金が持つ期間を計算するとちょうど3年くらいである。いくら最悪に近い状態を想定しているとはいえ、あと3年しかもたない。これで十分なのか?あと1年半後に地銀も公庫も返済が […]...

» 続きを読む


2017年9月末時点で3年1か月

2017年10月18日

脱サラ後に毎月「無収入が続いたと仮定してあとどのくらい貯金が持つのか」というのを計算している。かなり最悪に近い想定で計算しているが、ここ半年間最悪に近い想定で資産が減少している。2017年9月は久しぶりに資産が減らないと […]...

» 続きを読む


すべてがうまくいかない時期もあるかもしれないがそれが長期間続くわけがない

2017年9月28日

幅魔王は2016年10月に脱サラして以降、あとどのくらい貯金が持つのかということを毎月計算している。この計算は無収入でかつ出費がかさむという最悪の想定をしている。ここ半年間最悪の想定に近い状況になっているが、3年間その想 […]...

» 続きを読む


脱サラ後に収入が0になるという最悪の想定

2017年9月27日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしたわけであるが、ある程度副業で収入を得ている状況で脱サラした。しかし、それでも今後無収入が続くことを想定してあと貯金がどのくらい持つかを計算している。...

» 続きを読む


現金が減ってきたらサヤ取りの口座から切り崩す

2017年9月25日

脱サラすると会社からの安定収入がなくなる。もし無収入の期間が続き、最悪に近いペースで資産が減少した場合、どうなるのかという想定をしておく必要がある。特に現金が減少した場合はどこから現金を切り崩すのかという想定をしておけば […]...

» 続きを読む


8月末の時点で残り3年2か月

2017年9月23日

脱サラして以降、無収入が続いたと仮定して貯金が持つ期間を毎月計算している。最悪に近い想定で計算しているのに2017年8月は前月と比べて2か月寿命が縮んでしまった。原因を究明し、寿命延長のために対策を立てていきたいところで […]...

» 続きを読む


最悪の想定をしても2018年以降は資金繰りが改善するはず

2017年9月14日

脱サラして以降、無収入でかつ出費がかさむという最悪の想定をした上で貯金がもつ期間を計算している。物販ビジネスでの売上が激減した2017年3月から8月まで最悪以上のペースで資産が減少している。それでも2018年以降は資金繰 […]...

» 続きを読む


再就職よりも出費を減らすことを先に検討するべき

2017年9月10日

幅魔王は2016年10月に脱サラして物販ビジネスを専業としてやるようになった。2017年2月までは物販ビジネスが好調だったこともあり、脱サラしてから4か月連続で資産が増加した。しかし、それ以降最悪に近いペースで資産が減少 […]...

» 続きを読む


半年間最悪の想定に近いスピードで資産が減り続けている

2017年9月6日

脱サラすると最も気になることは「無収入だとあとどのくらい貯金が持つか」ということである。無収入に加えて出費もある程度多めに見積もって計算しているがここ半年くらい最悪に近いペースで資産が減少している。その原因を洗い出して少 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める