脱サラ後の資産状況

追加融資によって2年7か月 → 2年10か月に

2018年7月6日

2018年6月は物販ビジネスとサヤ取りの不調で資産が想定通り減少してしまった。しかし、地銀から400万円の追加融資が決定した。これによって現金が増加し、貯金が尽きるまでの期間が延びた。毎年継続的に融資を獲得し、融資金額も […]...

» 続きを読む


貯金が2~3年持ち、想定通り減り続けているほうがかえって安全

2018年6月27日

幅魔王が2016年10月に脱サラしてから物販ビジネスの好調があり、4か月連続で資産が増加した。しかし、その後は資産が想定通りのペースで減少し続けている。貯金が少なすぎるのは危ないが逆に一生遊んで暮らせるレベルの貯金がある […]...

» 続きを読む


資産が大きく減少するイベントは年の前半にほぼ完了

2018年6月9日

脱サラすると会社員からのストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。脱サラした後の唯一と言っていいストレスは貯金が減ってくることとである。2018年も順調に貯金が減っている。しかし、それほど不安は感じていない […]...

» 続きを読む


2018年4月は資産は大きく減らしたものの収支は黒字

2018年5月13日

2018年4月は日米の販売している商品とも仕入れが滞ったことにより、売上が低迷し資産が大きく減ってしまった。それでも前月以前のクレジットカードの引き落としが大きかっただけで2018年4月単月の収支を見るとそれなりにプラス […]...

» 続きを読む


物販ビジネスの不調で2か月分貯金が減少

2018年5月8日

2018年4月は2018年3月以前に大量に仕入れた分のクレジットカードの引き落としがあった一方で、在庫補充の納期が遅れ売上が低迷してしまった。そのため、資産が2か月分も減少してしまった。...

» 続きを読む


最悪の想定のうち2つが崩れる

2018年4月14日

脱サラすると会社員時代にあった様々なストレスから解放される。一方で、会社からの安定収入を失う。そのため、あとどのくらい貯金が持つかという計算を毎月しているが、その計算はあくまで限りなく最悪に近い状況を想定している。しかし […]...

» 続きを読む


2018年3月は資産が1か月分減少

2018年4月10日

脱サラして以降、最悪の想定をした場合に貯金があとどのくらいもつのかを毎月計算しているが、2018年3月は1か月分貯金が減少してしまった。しかし、OEM商品の大量仕入れ分の引き落としがあったことを考慮すればこれでも上出来で […]...

» 続きを読む


このままのペースでいけば貯金が尽きる前に融資の返済が完了

2018年3月21日

脱サラしたことによって会社からの安定収入を失うと常にあとどのくらい貯金がもつかに気を配るようになる。幅魔王は最悪の想定をした場合にあとどのくらいの貯金がもつかを計算しているが、2017年9月から2018年2月までの半年間 […]...

» 続きを読む


4か月で1か月分の貯金しか減っていない

2018年3月12日

脱サラすると会社員時代の様々なストレスから解放される。しかし、それと引き換えに安定収入を失う。そのため、あとどのくらい貯金がもつかということを常に気にしておく必要がある。幅魔王の場合、2017年11月から物販ビジネスの売 […]...

» 続きを読む


アユタヤの支払いがなくなれば2年10か月→3年

2018年3月6日

脱サラすると会社員時代からのストレスから解放されるが会社からの安定収入がなくなる。唯一の不安はあとどのくらい貯金がもつかということである。2018年2月は物販ビジネスの好調もあり、資産が増加し、2年9か月から2年10か月 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める