脱サラ個人経営者のライフスタイル

脱サラすると海外から帰るときの絶望感がなくなる

2017年5月14日

会社員時代は仕事であれプライベートであれ、海外に行くときはわくわくしていた。会社の職場から現実逃避できるからである。しかし、それと同時に海外の空港から帰国便を待つときは現実に引き戻されるという絶望感を感じていた。...

» 続きを読む


脱サラしないと安く海外旅行に行くのはほぼ不可能

2017年5月10日

幅魔王は脱サラ後2017年4月に初めて海外に行った。飛行機はマイルを使ったが、ホテルは直前に予約すると安くなるということに初めて気づいた。...

» 続きを読む


平日の昼間に外出しても特に気になることはなかった

2017年4月11日

脱サラした時の不安としてよく挙げられるのが、「平日の昼間に外出した時の周りの目が気になる」というものである。幅魔王は脱サラして半年が経過したが、その間特に平日の昼間に外出して周りの目が気になったことはなかった。...

» 続きを読む


月9(つききゅう)が最低更新したらしい

2017年4月1日

月9と書いて「げつく」と読むらしい。数年前にB層丸出しの会社の同僚が「げつくがどうのこうの」という話をたまたましていなければ幅魔王はおそらく「つききゅう」と読んでいたであろう。その月9の視聴率が最低記録を更新したらしい。...

» 続きを読む


仕事を押し付けられたくないから忙しいふりをするのはわかるが

2017年2月21日

幅魔王が2016年10月に脱サラした後に元同僚と会う機会があった。幅魔王は脱サラしたことによって暇になったが、元同僚はものすごく忙しいことをアピールしていた。本当に忙しいのであればわかるが、まるで忙しいことを自慢している […]...

» 続きを読む


何もすることがないときは何もしなくてもよい

2017年2月15日

脱サラした後に前の会社の同僚に会うと毎日何をしているのか執拗に聞かれることがある。会社員の場合、何もすることがないというのは恐怖なのかもしれない。しかし、脱サラすると何もすることがないときは何もしなくてよいことに気づく...

» 続きを読む


脱サラして目覚ましをほとんど使わなくなった

2017年2月7日

脱サラすると毎日決まった時間に起きる必要がなくなる。これだけで毎日のストレスというのは相当緩和される。目覚ましによって起こされるのではなく、自然に目が覚める。目覚ましによって布団を出る時間を決められるのではなく、自分で布 […]...

» 続きを読む


~歳までに結婚しなければならないというサラリーマンの洗脳

2017年2月1日

2016年の年末に高校の同窓会に参加してきた。30代中盤になると結婚率も上がっており、独身の人の中には焦りを隠せない人が多かった。しかし、一方で離婚率も上がっていることにも注目する必要がある。...

» 続きを読む


脱サラして3か月近く経過したが脱サラ旅行する気になれない

2017年1月31日

幅魔王は2016年10月末に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。脱サラ後は退職金がもらえ、時間にも余裕ができた。しかし、まだ脱サラ旅行には行っていないし今のところ行く気が起きない。...

» 続きを読む


退職金が振り込まれる前に資産が100万円以上も増加

2017年1月13日

脱サラに対する最大の不安は資金である。むしろそれが100%であり、金銭的な不安さえなければほとんど100%の人が脱サラするであろう。幅魔王ももちろん不安はあったが、脱サラして1か月で退職金が振り込まれる前に資産が100万 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める