脱サラ後生き残るための投資術

1000万円以上の利益を出せなかった理由

2018年8月25日

100億円不動産王倶楽部に入会してから5年が経過した。まだ全額返金保証まで5年近くあるが、全額返金を請求する際に送るメールの文面を考えてみようと思う。全額返金をするにあたり、「1000万円以上の利益を出せなかった理由」と […]...

» 続きを読む


GGCというコンテンツは36万円返金が完了

2018年8月23日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会したが、そこで紹介された海外不動産の滞在権を獲得できるGGCという仕組みがあった。2014年に入会したものの、ほとんど活用する機会がなかったので、2017年に退会した。そ […]...

» 続きを読む


100億円不動産王倶楽部返金保証まであと5年

2018年8月22日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会したので、今年で入会してから5年が経過した。100億円不動産王倶楽部の全額返金保証は入会から10年後なのでちょうど半分が経過したことになる。しかし、100億円不動産王倶楽 […]...

» 続きを読む


給料日に積み立てる毎月配当型投資信託

2018年8月20日

幅魔王が2015年6月より積み立てを継続している毎月配当型投資信託であるが、それなりの期間積み立てを継続しているとそれなりの利回りを出すことができる。どのように積み立てていけば効率よくかつリスクが少なく利回りを得ることが […]...

» 続きを読む


平均からの乖離率ではなく乖離額で増し玉の条件を設定する

2018年8月18日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年7月から増し玉ルールの適用を開始した。増し玉ルールはリスクを最小限に抑えるために、損切ラインが小さいペアのみを増し玉対象とするようにしている。...

» 続きを読む


2018年8月最初の増し玉は成功

2018年8月15日

2018年7月から増し玉ルールの適用を開始した株のサヤ取り投資であるが、適用初月の2018年7月は2勝1敗でトータルの実現損益はプラスとなった。そして、翌2018年8月も第1週目に増し玉対象ペアが現れて増し玉したが、1週 […]...

» 続きを読む


アユタヤ 賃貸管理レポートすら発行されず

2018年8月13日

幅魔王が2013年に購入したタイ・アユタヤの不動産であるが、2018年4月にプレスリリースがなされ、詐欺案件であることがほぼ確定した。管理会社側は必死に詐欺案件であることを隠ぺいしてきたが、2018年7月になって賃貸管理 […]...

» 続きを読む


2018年8月も早速第1週目に増し玉

2018年8月12日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年7月から増し玉ルールの適用を開始した。適用初月の2018年7月は3つのペアを増し玉し、2勝1敗でトータルでの実現損益はプラスだった。翌8月も早速第 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 利確ライン損切ラインの高さで仕掛金額を変える

2018年8月11日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、利確ライン・損切ラインは仕掛け時のサヤをもとに設定している。つまり、サヤが大きく開いていれば開いているほど利確ライン・損切ラインは大きくなる。損切ラインが大 […]...

» 続きを読む


半年以上保有するとプラスに転じる毎月配当型投資信託

2018年8月9日

2015年6月7月と高値で大量に購入した毎月配当型投資信託であるが、1年前の2017年7月に20%以上利確することに成功した。2017年後半から基準価格が急激に下落したので、半年間少しずつ購入してきたところ、2018年7 […]...

» 続きを読む


1 3 4 5 6 7 8 9 24

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める