脱サラ後生き残るための投資術

動きのない相場と徐々にサヤが開くペアが弱点のサヤ取り

2019年1月20日

幅魔王が2016年から取り組んでいる株のサヤ取り投資であるが、2019年大発会は大きくサヤが閉じて始まった。しかし、その後1週間は相場全体の動きもゆるやかでサヤも徐々に拡大をし始めた。サヤ取りは動きのあまりない相場と徐々 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 2019年大発会の暴落で20万円以上資産が増加

2019年1月14日

2019年日経平均は暴落で幕を開けた。その後大きくリバウンドしたものの、2019年は多くの人が世界的に株価は下落基調にあると読んでいる。そのような中でサヤ取りは2019年の大発会で資産が20万円以上も増加した。どうやら株 […]...

» 続きを読む


2019年 日経平均は1万円まで下落する想定で考える

2019年1月11日

2018年12月最終週は株価が乱高下した。大きく下落したと思ったら次の日にはリバウンドするなど激しい値動きは2019年になってからも続きそうである。空売りができない現物株については日経平均が1万円くらいまで下落する想定で […]...

» 続きを読む


サヤ取り 直近のサヤの開き方を重視してペアを選定

2019年1月10日

2018年はサヤ取りの結果が思わしくなかった。2018年7月から増し玉ルールの適用など多少のルール変更をしたが、それも功を奏さなかった。そもそも仕掛けてからサヤが開いてすぐに損切ラインに到達するペアが多かった。やはり仕掛 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 12月最終週の乱高下で含み損益が大きく改善

2019年1月9日

2017年9月から2018年2月にかけて6か月連続で実現損益がプラスとなったサヤ取りであるが、それ以降は振るわず2018年8月から12月にかけて5か月連続で実現損益がマイナスとなってしまった。それでも2018年12月最終 […]...

» 続きを読む


100億円不動産王倶楽部の公式HPが消滅

2019年1月8日

100億円不動産王倶楽部の公式HPが消滅した。早ければ2021年にも100億円不動産王倶楽部の全額返金保証が始まる。2017年に運営事務局が消滅し、もはや崩壊状態にある100億円不動産王倶楽部側としては全額返金保証から逃 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 日経平均を片張りで保有していても変わらなかった

2019年1月7日

幅魔王が2016年から取り組んできた株のサヤ取り投資であるが、2018年は8月から12月まで5か月連続で実現損益がマイナスになるなど成績が振るわなかった。これに伴ってサヤ取り口座の資産が減少してしまったが結局日経平均を片 […]...

» 続きを読む


物販→情報発信→海外不動産の流れでやればよかったのでは

2019年1月5日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。100億円不動産王倶楽部では海外不動産案件、情報発信に関する案件、物販に関する案件が […]...

» 続きを読む


2018年の展望に対する結果

2018年12月31日

2018年も本日で終了する。2018年の初めに2回にわたって2018年の展望という記事を書いたが実際にどうなったのかを見ていく。...

» 続きを読む


100億円不動産王にも運営事務局にも哀れみしか感じない

2018年12月27日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。これに対し、100億円不動産王にも運営 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 7 27

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める