脱サラ後生き残るための投資術

保証協会から追加融資は受けられなかったが想定内

2017年9月17日

幅魔王は会社員時代の2016年1月に公庫から300万円、地銀から1000万円の創業融資を獲得した。そして、2017年5月に法人化したわけであるが、2017年7月に公庫から600万円の追加融資を獲得した。地銀からは追加融資 […]...

» 続きを読む


最高値を更新し続けている株を空売りするのに適しているサヤ取り

2017年9月15日

最高値を更新し続けている株は反動が来て大暴落する可能性がある。一方で、今後も最高値を更新し続ける可能性がある。最高値を更新し続けている株を空売りすれば大きな利益が上げられる可能性もあるが、大きな損失を出すリスクもある。そ […]...

» 続きを読む


サヤの頂点を狙うのではなくサヤの閉じ初めを狙う

2017年9月9日

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。しかし、2017年5月と8月に大きな損失を出してしまった。その1つの原因としてサヤの頂点を狙おうとしてさらにサヤが開いてしまったことがある。...

» 続きを読む


3か月連続でマイナスだったらサヤ取りを一時停止

2017年9月7日

幅魔王が2016年3月から実践しているサヤ取り投資であるが、2017年5月に続き、2017年8月も決算がことごとく裏目に出て大きな損失を出してしまった。大きく開いたサヤは通常閉じるという理論の元サヤ取りをしているが、この […]...

» 続きを読む


1か月以内に決算があるペアは仕掛けない

2017年8月28日

幅魔王は2016年3月から実践して入りサヤ取り投資であるが、2017年5月に続いて8月も損失が拡大してしまっている。8月の前半に決算発表の企業が相次ぎ、決算がことごとく裏目に出てしまったのが原因である。...

» 続きを読む


GBC以外にも成功案件が複数あった100億円不動産王俱楽部

2017年8月24日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部であるが、2017年に運営事務局が消滅した。そして、会員からは失敗案件ばかりであるとの批判が相次いだ。しかし、100億円不動産王俱楽部で紹介された多くの案件に投資をした […]...

» 続きを読む


7月のサヤ取りは結局わずかにプラス

2017年8月20日

幅魔王は2016年から株のサヤ取り投資を実践している。2017年5月は決算発表によって理不尽にサヤが広がるペアが続出し、大きな損失を出してしまった。6月以降持ち直しつつあったが、7月後半からまたサヤが理不尽に開き始め、結 […]...

» 続きを読む


ジョホールバル不動産は一括管理ではなく個別管理だった

2017年8月8日

2017年7月にジョホールバル不動産の賃貸管理の契約の関係でジョホールバルへ行ってきた。不動産購入をした4年前は空室リスクを建物全体で負担する一括管理方式であることを聞いていた。しかし、いつの間にか個別管理方式に変わって […]...

» 続きを読む


100億円の資産があったとしてもアユタヤ買取対応は難しいのか

2017年8月3日

幅魔王が2013年に購入したアユタヤ不動産であるが、稼働率が上がってこない。賃貸開始から2年経過した今でも10%程度である。このような状況下ではほぼすべてのオーナーが買取保証を行使すると思われるが、果たして当初の契約通り […]...

» 続きを読む


公庫から600万円の追加融資決定

2017年7月27日

2016年1月に日本政策金融公庫から300万円の創業融資を受けた。半年間の据置期間があったため、1年くらいしかまだ返済していなかったが、法人化を機に公庫に追加融資を申し出たところ、創業融資の2倍の600万円が下りた。...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 9

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める