脱サラ後生き残るための投資術

GBC以外にも成功案件が複数あった100億円不動産王俱楽部

2017年8月24日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部であるが、2017年に運営事務局が消滅した。そして、会員からは失敗案件ばかりであるとの批判が相次いだ。しかし、100億円不動産王俱楽部で紹介された多くの案件に投資をした […]...

» 続きを読む


7月のサヤ取りは結局わずかにプラス

2017年8月20日

幅魔王は2016年から株のサヤ取り投資を実践している。2017年5月は決算発表によって理不尽にサヤが広がるペアが続出し、大きな損失を出してしまった。6月以降持ち直しつつあったが、7月後半からまたサヤが理不尽に開き始め、結 […]...

» 続きを読む


ジョホールバル不動産は一括管理ではなく個別管理だった

2017年8月8日

2017年7月にジョホールバル不動産の賃貸管理の契約の関係でジョホールバルへ行ってきた。不動産購入をした4年前は空室リスクを建物全体で負担する一括管理方式であることを聞いていた。しかし、いつの間にか個別管理方式に変わって […]...

» 続きを読む


100億円の資産があったとしてもアユタヤ買取対応は難しいのか

2017年8月3日

幅魔王が2013年に購入したアユタヤ不動産であるが、稼働率が上がってこない。賃貸開始から2年経過した今でも10%程度である。このような状況下ではほぼすべてのオーナーが買取保証を行使すると思われるが、果たして当初の契約通り […]...

» 続きを読む


公庫から600万円の追加融資決定

2017年7月27日

2016年1月に日本政策金融公庫から300万円の創業融資を受けた。半年間の据置期間があったため、1年くらいしかまだ返済していなかったが、法人化を機に公庫に追加融資を申し出たところ、創業融資の2倍の600万円が下りた。...

» 続きを読む


サヤが大きく開いたペアよりも安定した動きをするペア

2017年7月19日

2017年5月に損失が拡大したサヤ取り投資であるが、動きが安定したペアを中心に抽出していったところ、6月くらいからかなり好調である。保有しているペアの勝率も8割近くになった。...

» 続きを読む


2017年7月からサヤ取りの取引ルールを変更

2017年7月17日

幅魔王は2016年3月から1年以上サヤ取り投資を実践してきた。これまでは決済期限を2か月と長めに取り、利確ラインと損切ラインも大きめにとってきた。しかし、2017年5月に損失が拡大したことも考慮して取引ルールを変更するこ […]...

» 続きを読む


6月になってようやく理不尽なペアがなくなってきた

2017年7月16日

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。2017年5月は理不尽にサヤが開くペアが多く、損失が拡大したが、6月になってようやく理不尽にサヤが開くペアがなくなってきた。...

» 続きを読む


アユタヤの買取保証の代金はビットコインで分割支払いか

2017年7月13日

アユタヤ不動産の買取保証ができるまであと1年を切った。しかし、アユタヤ不動産は乗っ取り事件があったり、管理会社の財政状況がよくないという噂が広まったりして買取保証が行使できないのではないかという噂が広まっている。仮に買取 […]...

» 続きを読む


損失が膨らんだのはツールのせいでも自分のせいでもなかった

2017年7月9日

2017年5月はサヤ取りの調子が悪くかなり損失を出してしまった。自分が使っているツールが悪いのかそれとも自分のサヤ取りペア選定方法が悪いのかいろいろ考えたが他の人の情報も見ると相場全体が異常であったことがわかってきた。...

» 続きを読む


1 17 18 19 20 21 22 23 26

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める