海外不動産投資で資産分散

アユタヤ同時多発訴訟を起こしたらどうなるのか

2018年2月24日

幅魔王が2013年に購入したタイ・アユタヤの不動産であるが、買取保証が解禁になる日が近づいてきた。しかし、乗っ取り事件などもあり、実際に買取保証が行使できるかは不透明である。オーナーの中には訴訟の準備を進めている人もいる […]...

» 続きを読む


海外不動産の損益は管理会社の質に依存

2018年2月22日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会し、マレーシア・ジョホールバルとタイ・アユタヤの不動産を購入した。マレーシア・ジョホールバルのほうの不動産はまだテナントはついていないものの、管理会社がしっかりと営業活動 […]...

» 続きを読む


ジョホールバル 追加家具を購入

2018年2月10日

幅魔王が2013年にマレーシア・ジョホールバルに購入した不動産であるが、2017年から賃貸開始となった。しかし、半年以上が経過したがまだテナントはついてない。テナントをつけるために追加家具購入の提案があった。...

» 続きを読む


アユタヤ オーナーとして宿泊すらできず

2018年2月9日

2018年2月に所用でバンコクに行くことになった。ついでにアユタヤで購入した不動産に宿泊しに行こうと思って宿泊予約をした。しかし、乗っ取り事件などもあり、建物全体の所有権の問題が解決していないということでオーナーの宿泊権 […]...

» 続きを読む


2018年の展望2 海外不動産とサヤ取り

2018年1月2日

昨日に引き続き、2018年の展望について書いていきたい。本日は投資について書いていく。幅場魔王が今やっている主な投資として海外不動産投資と株のサヤ取りがある。海外不動産については今後新しく案件を増やすつもりはなく、可能で […]...

» 続きを読む


反対説の各論を挙げてそれをすべて否定しないと説得力がない

2017年12月4日

2017年1月に運営事務局が消滅し、立ち消え状態となってしまった100億円不動産王倶楽部であるが、それまでジアーストレンドというコンテンツで100億円不動産王が世界経済の現状を説明していた。その中でどうしても納得がいかな […]...

» 続きを読む


トランプになってようやくアメリカ経済のリスクを語り始めた100億円不動産王

2017年11月12日

100億円不動産王俱楽部で配信されていたジアーストレンドというコンテンツでの100億円不動産王のアメリカ経済に対する見解がおかしいのはもはや周知の事実であった。オバマ時代のアメリカ経済を執拗に絶賛していたのもおかしいが、 […]...

» 続きを読む


大手メディアと同じことを言っていては価値がない

2017年11月10日

2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった100億円不動産王倶楽部であるが、2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツが毎月配信されていた。しかし、このコンテンツも大手メディアと […]...

» 続きを読む


運営事務局の中心メンバーの1人は何か提供したのだろうか?

2017年11月5日

2017年1月に100億円不動産王俱楽部の運営事務局が消滅してから1年近くが経過した。運営事務局に対して多くのメンバーが不満の声を上げている。これまで何らかの有用な情報を提供してきたならばまだしも何も提供できなかったので […]...

» 続きを読む


崩壊しているとは言わないまでもリスクについては説明するべき

2017年10月25日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王俱楽部であるが、運営事務局が消滅する2016年末までジアーストレンドというコンテンツが配信されていた。100億円不動産王が世界中を回って世界の経済の現状を説明するコンテンツで […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める