海外不動産投資で資産分散

陰謀論に走らなくてもアメリカ経済崩壊を合理的に説明できる

2018年12月7日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部のコンテンツでジアーストレンドというものがあり、100億円不動産王が世界経済に対する現状を説明していた。その中でもアメリカ経済に対する100 […]...

» 続きを読む


アメリカの好景気はフェイク

2018年12月6日

株価崩壊は当然だ──アメリカの好景気はフェイクだったという記事を読んだ。オバマ政権時代のアメリカは金融緩和によって紙幣を大量に刷ったことで数字上株価とGDPが上昇したということが書かれていた。つまり、株価とGDPはアメリ […]...

» 続きを読む


ジョホールバル 個別管理でも一括管理でも結果は同じ

2018年12月5日

幅魔王が2013年に購入したマレーシア・ジョホールバルの不動産であるが、2017年から賃貸開始となった。2018年に3か月の短期滞在で初めて賃貸がついたものの、それ以降は賃貸がついていない。不動産自体の稼働率は25%程度 […]...

» 続きを読む


政治的思想には興味はないが真実と真逆は言語道断

2018年12月4日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会したがそこでは、ジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王の見解が配信されてきた。しかし、この中で特にアメリカ経済に対する見解が支離滅裂であるこ […]...

» 続きを読む


雇用統計のねつ造を指摘したトランプ

2018年12月2日

アメリカの雇用統計というのは就職をあきらめた人が分母に含まれていない。トランプは大統領になる前にそのことを指摘し、アメリカの実際の失業率は20%以上であることに言及している。アメリカの雇用統計の数字を根拠にしてオバマ政権 […]...

» 続きを読む


アユタヤ特別清算委員会が発足したらしい

2018年11月29日

プレスリリースがなされ、もはや詐欺物件と化してしまったタイ・アユタヤの不動産であるが、特別清算委員会なるものが発足したとの情報が入った。不動産管理会社も自ら資産価値の目減りを認め、売却して投資家に還元する意思を表明してい […]...

» 続きを読む


GBCの分社化で100億円不動産王倶楽部の崩壊が決定的に

2018年11月27日

幅魔王は脱サラを目指すべく、2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。しかし、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。今思えば、201 […]...

» 続きを読む


ジアーストレンドとはいったい何だったのか

2018年11月26日

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。しかし、失敗案件続きで2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。2014年後半からは案件の紹介が全くなされなくなり […]...

» 続きを読む


前政権と個人的な利害関係でもあったのか

2018年11月23日

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会したが、2016年11月まで100億円不動産王が世界経済に対する見解をジアーストレンドというコンテンツで表明していた。しかし、その中でアメリカに対する見解はあまりにも支離 […]...

» 続きを読む


全額返金保証の自信の根拠はどこにあったのか

2018年11月22日

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。100億円不動産王倶楽部には全額返金保証というものがあったが、ここまでやる自信の根拠 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 6

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める