脱サラ後生き残るための投資術

融資先を増やすこととプロパー融資を獲得すること

2018年7月12日

2017年、2018年とそれぞれ日本政策金融公庫、地銀から連続で追加融資を獲得することに成功した。このように借入金を返済し終わる前に追加融資を獲得することで手元の現金をどんどん増やすことができる。次の課題は融資先を増やす […]...

» 続きを読む


サヤ取り 移動平均乖離率が高すぎるペアは危険か

2018年7月11日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年6月は実現損益が過去最大規模のマイナスとなってしまった。かなりサヤが大きく開いたペアを仕掛けたものの、そこから相関が崩れてさらに大きく開くペアが続 […]...

» 続きを読む


サヤ取り 空売り銘柄の株数を間違えるも無事に利確

2018年7月7日

サヤ取りは空売りと買いを同時に仕掛ける投資手法であるが、空売り銘柄と買い銘柄の株数ではなく、仕掛金額を揃えるのが基本となっている。しかし、空売り銘柄を誤って多めに仕掛けてしまい、株価が上昇してしまった。それでも翌週に株価 […]...

» 続きを読む


2018年6月 地銀から400万円の追加融資が決定

2018年7月5日

幅魔王は2016年1月に地銀から1000万円、日本政策金融公庫から300万円の創業融資を獲得した。その後、2017年7月に公庫から600万円の追加融資を獲得したのに続いて、2018年6月に地銀から400万円の追加融資を獲 […]...

» 続きを読む


2018年6月 サヤが異常な動きをして損失が最大規模に

2018年6月28日

2018年5月前半に好調に転じたサヤ取りであったが、2018年5月後半から急激に調子が崩れてしまった。そして、2018年6月は過去最大規模の損失が生じてしまった。...

» 続きを読む


正しいのはアメリカ国民 間違っているのは100億円不動産王

2018年6月26日

幅魔王は2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、ジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王の見解が発信されていた。しかし、以前からアメリカ経済に対する見解だけはあまりにも的外れだと […]...

» 続きを読む


アメリカ経済だけでなく外交も見解が支離滅裂

2018年6月25日

100億円不動産王倶楽部が立ち消えになる前に100億円不動産王はジアーストレンドというコンテンツで世界経済に関する見解を発信していた。しかし、アメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであったことが印象的であった。そして […]...

» 続きを読む


サヤ取り 早手仕舞いルールを2018年7月から適用

2018年6月24日

幅魔王が2016年3月から実践している株のサヤ取り投資であるが、2018年6月に大きく調子を崩してしまった。これを受けて、2018年7月から増し玉ルールを適用することにした。それに伴い、仕掛け枠がなくなることが予想される […]...

» 続きを読む


サヤ取り 増し玉ルールを2018年7月から適用

2018年6月23日

幅魔王が2016年3月から継続している株のサヤ取り投資であるが、2018年5月後半からまた調子が狂ってしまった。サヤ取りで継続して結果を出している人は増し玉ルールを部分的に適用している人がいる。2018年7月から一部導入 […]...

» 続きを読む


なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

2018年6月21日

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部では、運営事務局が消滅する2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王の見解 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 17

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める