脱サラに至るまでの会社員時代

退職日当日に一番気が重かったこと

2018年4月25日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。退職した2016年10月はほとんど有休消化に充てていたが、それでも最終出勤日は気が重かった。新人時代の直属の上司であったが部長に挨拶しに行くのが特 […]...

» 続きを読む


「サラリーマンはなんと幸せだった」わけはない

2018年4月22日

Yahooに「サラリーマンはなんと幸せだったか」という記事があったので読んでみた。サラリーマンのメリットが色々挙げられていたが、結局金銭的なメリットしかなかった。金銭的な問題さえ解決できればサラリーマンが幸せなわけがない […]...

» 続きを読む


「上司は仕事以外の人生がない」

2018年4月2日

若手488人が挙げる残業減らない理由トップ5という記事を読んだ。この記事の中で「上司は仕事以外の人生がない」という言葉があったのが印象的であった。そもそも残業してまで仕事の質を上げて会社のために尽くそうと考えるようではも […]...

» 続きを読む


昇進のための無意味な研修をやらされる前に辞めてよかった

2018年4月1日

2018年3月に会社員時代の元同僚と会う機会があった。幅魔王が会社を退職した年から課長相当職に昇進するために無意味な研修をやることになっていた。どうやら幅魔王の1個上の世代がその研修で苦しんでいるらしい。...

» 続きを読む


寮から出た後に転勤を告げられた元同僚

2018年3月31日

2018年3月に会社員時代の元同僚と飲む機会があった。それほど嫌な同僚はいなかったので、参加することにしたが、寮から出て家を借りた直後に転勤を命じられた同僚がいた。その同僚は幅魔王に退職をどのように切り出したか詳細に聞い […]...

» 続きを読む


孤独よりも嫌な人と一緒にいるほうが健康リスクが高い

2018年3月25日

孤独の健康リスクに関する記事がいくつかあったので読んでみた。どうやら孤独というのは万病のもとらしい。しかし、孤独よりも嫌な人と一緒にいるほうがストレスが大きく、健康リスクが高いのではないだろうか?...

» 続きを読む


60点主義を頭ごなしに上司に否定されて1年後に脱サラ

2018年3月10日

仕事はまずは60点を目指すという記事を見つけた。この記事以外にもGoogleで検索すると60点主義の記事が乱立していることがわかる。しかし、幅魔王はこの60点主義を頭ごなしに上司に否定されてその1年後に脱サラした経験があ […]...

» 続きを読む


海外研修に行って英会話教室は本末転倒ではないか

2018年3月4日

幅魔王は脱サラする2年くらい前に会社の海外研修に行った。行った場所は英語圏の国であったが、研修先で英会話教室に行くことを勧められた。しかし、英語圏の国で生活すれば自然と必要な英会話は身につくはずである。英会話教室に行くの […]...

» 続きを読む


半年の自由ではなく永遠の自由を

2018年3月3日

幅魔王は脱サラする2年前に会社から海外研修に行かせてもらった。海外研修は会社員とは思えないほど自由な環境で給料をもらいながら脱サラしたような気分を味わうことができた。普通の人であればこの自由は半年で終わってしまうのである […]...

» 続きを読む


海外実習後最初の目標管理面談

2018年3月1日

会社員時代に嫌だったのが、半年に1回ある上司との目標管理面談である。目標管理面談では無意味な目標設定をさせられ、上司には無意味に叱責された経験しかない。特に海外研修後の目標管理面談で脱サラへの決意がさらに強固なものとなっ […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 16

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める