脱サラに至るまでの会社員時代

出世するよりも楽をしたいのは人間として当然のこと

2018年5月19日

再就職せずに60歳で”隠居”した人の本音という記事を読んだ。この人は出世するよりも仕事で楽をしたいと考えているそうだ。幅魔王も会社員時代は同じ考えであった。やはり出世すると仕事が大変になるから出世 […]...

» 続きを読む


よく考えると脱サラする前から出世コースからは外れていた

2018年5月17日

同じ上司の下のグループに同期がいるとどちらが優遇されているのかがよくわかる。幅魔王は会社員時代に同じ上司の下に同期の女性がいたが、明らかに同期の女性のほうが優遇されていた。このことから考えても幅魔王は出世コースからは外れ […]...

» 続きを読む


会社員時代だったら今年のGWは終わりに有休を取る

2018年5月11日

今年もGWが終わってしまった。GWが終わると次の祝日は7月の海の日であり、1年の中で最も祝日が少ない時期を過ごすことになる。しかも、今年のGWは日曜が最終日ということで、もし会社員時代だったら5月7日月曜日の絶望感は半端 […]...

» 続きを読む


会社員時代の悪夢 業務ミス報告書の作成を求められる

2018年5月4日

先日久しぶりに夜寝ているときに会社員時代の悪夢を見た。会議が終わって自分の席に戻ると書類がおかれており、先輩から業務ミス報告書を書くようにと付箋が貼られていたのである。どういうレベルのミスなのか確認している最中に目が覚め […]...

» 続きを読む


退職時の色紙贈呈や全体への挨拶のイベントはいつの間にかなしに

2018年4月26日

幅魔王が10年近く勤務した大手企業を退職してから1年半が経過した。幅魔王がいた職場では自己都合退職であっても、色紙贈呈や全体への挨拶のイベントが行われていた時期があった。しかし、幅魔王が退職する5年くらい前からそういった […]...

» 続きを読む


退職日当日に一番気が重かったこと

2018年4月25日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。退職した2016年10月はほとんど有休消化に充てていたが、それでも最終出勤日は気が重かった。新人時代の直属の上司であったが部長に挨拶しに行くのが特 […]...

» 続きを読む


「サラリーマンはなんと幸せだった」わけはない

2018年4月22日

Yahooに「サラリーマンはなんと幸せだったか」という記事があったので読んでみた。サラリーマンのメリットが色々挙げられていたが、結局金銭的なメリットしかなかった。金銭的な問題さえ解決できればサラリーマンが幸せなわけがない […]...

» 続きを読む


「上司は仕事以外の人生がない」

2018年4月2日

若手488人が挙げる残業減らない理由トップ5という記事を読んだ。この記事の中で「上司は仕事以外の人生がない」という言葉があったのが印象的であった。そもそも残業してまで仕事の質を上げて会社のために尽くそうと考えるようではも […]...

» 続きを読む


昇進のための無意味な研修をやらされる前に辞めてよかった

2018年4月1日

2018年3月に会社員時代の元同僚と会う機会があった。幅魔王が会社を退職した年から課長相当職に昇進するために無意味な研修をやることになっていた。どうやら幅魔王の1個上の世代がその研修で苦しんでいるらしい。...

» 続きを読む


寮から出た後に転勤を告げられた元同僚

2018年3月31日

2018年3月に会社員時代の元同僚と飲む機会があった。それほど嫌な同僚はいなかったので、参加することにしたが、寮から出て家を借りた直後に転勤を命じられた同僚がいた。その同僚は幅魔王に退職をどのように切り出したか詳細に聞い […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 5 6 16

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める