脱サラに至るまでの会社員時代

会社の飲み会の出欠確認はメールがいいのか回覧がいいのか

2017年11月20日

幅魔王は脱サラを意識して以降、会社員時代の飲み会は欠席しやすいものはことごとく欠席していた。欠席する際に厄介だったのは出欠確認が回覧で回ってくる場合である。メールでの確認の場合は他の人に目立つことはないが、回覧だと欠席に […]...

» 続きを読む


会社の飲み会はぎりぎりでキャンセルして当日に有休を取る

2017年11月19日

会社員時代の飲み会ほど有害無益なものはない。欠席できるものであればことごとく欠席したいものである。幅魔王は脱サラを意識して以来欠席できる飲み会はほどんど欠席していたが、先輩に説教されたことがあった。それ以降、説教されない […]...

» 続きを読む


他人の男女関係にしか興味がなくなったら人生終わり

2017年11月7日

会社員時代の飲み会の話題で仕事の愚痴と並んで定番なのが男女関係の話である。自分に関係する話ならばまだしも自分に関係ない第三者の男女関係の話の何が面白いのだろうか?自分と関係ない第三者の男女関係の話が最初に出てくるというこ […]...

» 続きを読む


ミスが発覚して2年後にグループ会社に状況説明をする悪夢

2017年10月31日

先日久しぶりに悪夢を見た。悪夢の内容は脱サラして無一文になるものではなく、会社員時代に戻ったときのものである。幅魔王は脱サラする1年位前に上司がグループ会社に謝罪に行くレベルのミスが発覚したが、そのミスに対する対応策の進 […]...

» 続きを読む


会社員時代の昼食は脱サラを意識して以降1人で食べていた

2017年10月17日

幅魔王は入社して5年目くらいまでは年の近い同僚と一緒に昼食を食べていた。しかし、社員食堂が新設されるのと時を同じくして脱サラを意識し始め、1人で昼食を食べるようになった。1人で昼食を食べるということは職場での孤立を意味し […]...

» 続きを読む


入社して最初の幹部との懇親会で同期に「ヘタレ」と言われた

2017年10月15日

以前の記事に入社する前から殺意を覚えるほど嫌いな同期がいたという話をした。その同期であるが、内定者同士の集まりだけでなく入社してからも殺意を覚えるようなありえない言動が相次いだ。...

» 続きを読む


入社する前から殺意を覚えるくらい嫌な同期がいた

2017年10月9日

会社員であれば嫌いな人苦手な人がいて当たり前である。というか嫌いな人苦手な人がほとんどではないだろうか?その中でも殺意を覚えるほど嫌いな人がいるという人も多いであろう。幅魔王の場合、会社に入社する前の内定者の集まりの時か […]...

» 続きを読む


会社に居座り続けてももはや精神的に限界だった

2017年10月7日

2016年10月に脱サラしてから1年近くが経過した。脱サラすると会社からの安定収入がなくなるため、資金繰りが苦しくなる。会社員を続けながら副業としてビジネスをやっていればもう少し資金繰りは良くなっていたと思うこともある。 […]...

» 続きを読む


外注先に仕事を丸投げしても安心できない会社員

2017年10月4日

脱サラする直前のことであるが、外注先に丸投げした仕事に対して先輩から指導を受けた。幸いなことに先輩の怒りの対象は幅魔王ではなく外注先であったが、下手をすると「なぜ外注先の仕事がこんなにひどいのに差し戻しをしないのか?」と […]...

» 続きを読む


上司ぐらいの年代と同期が苦手だった

2017年10月2日

脱サラすると会社員時代の同僚は嫌な人ばかりだったということがよくわかる。嫌な人ばかりの環境の中でも相対的に人間関係の得手不得手はあった。幅魔王は上司ぐらいの年代の人と、同期が苦手だった。逆に同期以外で年の近い人はそこまで […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 11

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める