脱サラに至るまでの会社員時代

上司の斜め前の席になり仕事のストレスが倍増

2018年1月14日

幅魔王が脱サラを意識し始めたころ、幅魔王の職場ではオフィスを隣の建屋に引っ越した。当然のことながら席順も変わった。それまでは上司からは少し離れた席にいたが、引っ越しによって上司の斜め前という非常にストレスの多い席順になっ […]...

» 続きを読む


「物足りない」と陰口するならそれ相応の待遇を

2018年1月13日

幅魔王は会社員時代はあまり残業をしないほうだった。一方で、幅魔王と同じグループにいた先輩は残業して会社に尽くすことを生きがいにしていた。幅魔王が定時に帰った後に上司や先輩は幅魔王のことを「物足りない」と陰口していたらしい […]...

» 続きを読む


年収900万円家族は破たんするらしい

2018年1月12日

年収900万円の家族は破たんするという記事を見つけた。年収900万円でも高いマイホームを買ったり子供を私立に入れたりするなど見栄を張るための出費が増えると破綻するということである。そうであるならば脱サラしたほうがいいので […]...

» 続きを読む


重大なミスを犯した部下を試している場合なのか

2018年1月7日

幅魔王は脱サラする1年位前に社内の他部署とグループ会社への謝罪に行くレベルのミスを犯したことが発覚した。このミスによって脱サラへの決意は決定的なものとなったが、その時の上司の対応を振り返ってみてもやはり脱サラしてよかった […]...

» 続きを読む


社内の他部署に謝罪に行ったときの上司の対応に疑問を感じた

2017年12月22日

幅魔王が脱サラする1年位前に上司がグループ会社に謝罪しに行くレベルのミスが発覚した。グループ会社に謝罪に行く前に自分の会社内の他部署にまず謝罪に行ったがその時の上司の対応には大きな疑問を感じた。...

» 続きを読む


誤:彼に悪気はない 正:彼には悪気しかない

2017年12月21日

会社員をしていれば殺意を抱くほど嫌いな人が何人もいるのは当然のことである。幅魔王の場合、同じ部署に同期が多かったが同期の中に性格の悪い人が多く殺意を抱くほど嫌いな人が何人もいた。そのうち1人は入社前の内定者の集まりの時か […]...

» 続きを読む


会社を辞めるときは意外と”お礼参り”をする気にはならない

2017年12月20日

幅魔王の退職がオープンになった後に先輩から「お礼参りはしたのか?」と言われた。さらに間髪を入れずに「お前お礼参りに意味はわかってるんだろうな?退職時に恨みのある同僚に復讐をしに行くことを言うんだ。俺にお礼参りしに来るなよ […]...

» 続きを読む


これだけのことをしても億単位の退職金をもらえるのか

2017年12月17日

貴ノ岩への暴行問題で横綱日馬富士が引退した。引退というとそれだけ重大な事件であるイメージがあるかもしれない。しかし、朝青龍の例もあるように引退だと多額の退職金が出るらしい。引退ではなく解雇処分にすべきではないかという声が […]...

» 続きを読む


もう1人の殺意を覚えるほど嫌いな同期は酒癖が悪かった

2017年12月2日

幅魔王は会社員時代に同じ部署に同期が多くいたが、仲のいい同期はほとんどいなかった。そのうち1人は新人の時はその本性を見せなかったが、入社2年目くらいから本性を見せ始めた。しらふのときはおとなしいが、酒を飲むと偉そうな態度 […]...

» 続きを読む


これが許されるなら会社員時代に何人も殴っていたかもしれない

2017年12月1日

大相撲の横綱日馬富士がモンゴルの後輩の貴ノ岩に対して暴行した事件が世間に衝撃を与えている。様々な情報が飛び交っているが、程度の強弱はあるとはいえ、暴行によって傷害を加えたことには間違いない。もしこういった行為が許されるル […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 13

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める