脱サラに至るまでの会社員時代

年明けは長期休暇が終わった絶望感よりも転勤への恐怖感が上回る

2019年1月19日

幅魔王は脱サラして2年以上が経過したが、会社員時代のことを考えると年明けは年末年始休みが終わって非常に気が重かった。しかし、GW明けに比べればすぐに成人の日があるだけましである。年末年始連休が終わったことの絶望感よりも、 […]...

» 続きを読む


大企業 有名企業に入ってよかったこと

2019年1月6日

大企業や有名企業に入ってよかったこと、悪かったこと 大企業とは何かという記事を読んだ。幅魔王は大企業に入社して、10年近く勤務した後に退職して脱サラした。すべてではないものの、よく考えると大企業の恩恵を受けるだけ受けて、 […]...

» 続きを読む


会社の忘年会に行きたくない人が4割しかいないらしい

2019年1月3日

会社の忘年会「行きたくない」4割超 上司面倒くさいという記事を読んだ。勤務先の忘年会への参加について44.2%が「参加したくない」「どちらかというと参加したくない」と回答したとのことであるが、参加したくない人は9割以上い […]...

» 続きを読む


2018年アクセスランキング

2018年12月30日

2018月年も明日で最後となる。ということで、本ブログの記事の今年のアクセスランキングをまとめていこうと思う。...

» 続きを読む


自営業と会社員に分けて調査をしないと意味がない

2018年12月12日

あなたは何歳まで働きたいですか?「死ぬまで」が31%という記事を読んだ。幅魔王の場合、脱サラする前で会ったらすぐにでも仕事を辞めたいと回答していたであろう。逆に脱サラした以降は死ぬまでビジネスをやっていてもいい。この調査 […]...

» 続きを読む


会社員時代の同期と一度も会わずに1年が終わりそう

2018年11月24日

2018年もそろそろ終わりである。幅魔王が脱サラしてから2年が経過したが、今年は2回会社員時代の元同僚と会う機会があった。しかし、2回とも同期はおらず、2018年は会社員時代の同期とは一度も会うことなく終わりそうである...

» 続きを読む


会社員時代の同期は2割の敵と8割の傍観者

2018年11月17日

8:2の法則とか2:6:2の法則というのをよく聞く。会社員の場合、2:6:2の法則というものがあって、2割が敵、6割が中立、2割が味方というものらしい。しかし、自分の会社員時代の同期には味方はおらず、2割の敵と8割の傍観 […]...

» 続きを読む


「辞めたくても辞めさせないブラック企業」→辞めて正解

2018年11月15日

詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相という記事を読んだ。幅魔王自身退職時期を3か月も先延ばしにされたが、これも会社がブラック化している表れと見ることができる。大手企業を退職して脱サラ […]...

» 続きを読む


3連休でもない普通の土日に海外旅行に行くという無謀

2018年11月7日

普通の会社員で大型連休でなくても海外旅行に行けるという記事を見かけることがある。金曜日の夜便で日本を出国し、月曜の早朝に帰国して家には帰らずに出社するというものである。強行スケジュールなので体力的な問題もあるが、それ以上 […]...

» 続きを読む


出張先を間違えたり出張自体を忘れてしまう恐怖

2018年10月21日

幅魔王の会社員時代を振り返ると出張が異常に多かった。海外出張や宿泊を伴う出張はまれだったが、同じ県内や隣の県にあるグループ会社や他部署に半日から1日かけて行く出張が多かった。出張先が複数あるため、出張先を間違えたり、出張 […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 17

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める