脱サラに至るまでの会社員時代

月曜日午前を休むくらいならば午後休んだほうがいい

2018年8月17日

脱サラした幅魔王には関係ないことであるが、プレミアムフライデーに続いてシャイニングマンデーというのが提案されているらしい。月曜の午前を休みにするというものであるが、月曜の午後から仕事となると月曜日の午前中も精神的に気が重 […]...

» 続きを読む


退職代行に加えて休職代行をやったらどうなるのか

2018年8月2日

退職手続きを代行する退職代行というサービスが存在することが話題となっている。退職代行だけでなく、休職代行もやったらいいのではないだろうか?脱サラを目指している人であれば、会社に行かずに一定期間給与がもらえ、さらには退職後 […]...

» 続きを読む


退職代行は非常に画期的なサービス

2018年7月30日

会社に出社せず退職する旨を伝えて退職手続きを代行してくれるサービスがあるらしい。確かに退職する旨を上司に伝えるのは勇気がいるし、引き留めにあうかもしれないし、退職の意思を伝えた後の出社は実にきまずい。退職代行は非常に画期 […]...

» 続きを読む


GK叩きに警笛 → 会社員時代の同期を思い出す

2018年7月25日

サッカーワールドカップが終わったが、GK川島選手への異常バッシングが話題になっている。専門家が分析したところ明らかなミスといえるプレーはそれほど多くないのに異常なバッシングがなされているとのことである。この記事を読んで会 […]...

» 続きを読む


50代でも左遷されなかった人

2018年7月22日

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしたが、脱サラする5年くらい前から職場の50代の担当者が次から次へと取引先や子会社へと左遷されていった。それでも幅魔王が退職する寸前まで左遷されなかった […]...

» 続きを読む


自分はバカになれず他人をバカにすることに終始する同期

2018年7月21日

2018年6月に幅魔王の会社員時代の先輩が元同僚を集めて飲み会を開いてくれた。最初は真面目な話をしていたが、アルコールが進むにつれてバカな話が増えていった。やはりバカな話をできる人と飲むのは楽しい。一方で、他人をバカにす […]...

» 続きを読む


代が違っていたら同期に溶け込めたのか

2018年7月20日

幅魔王は会社員時代の同じ部署の同期にに気の合う人が1人もいなかった。しかし、年の近い同僚に気の合う人が全くいなかったわけではない。脱サラ後もたまに合って飲みに行く人もいる。もし代が違っていたら同期に溶け込めたのだろうか?...

» 続きを読む


会社員時代の同期会があったらしいが声がかからず

2018年7月9日

先日会社員時代の同僚と飲む機会があった。年齢が近く、気の合う人ばかりが集まった飲み会だったが幅魔王の同期は1人もいなかった。その中で、最近幅魔王の同期が会社を退職したという話があり、同期会があったということであった。しか […]...

» 続きを読む


会社員時代の先輩に誘われた飲みに同期は0

2018年7月8日

2018年6月に会社員時代の先輩(とは言っても幅魔王よりも前に退職した先輩であるが)に飲みに誘われた。気の合う元同僚だけを集めてくれたが、なんと退職者が過半数であった。そして、飲みのメンバーに元同期は1人もいなかった。...

» 続きを読む


ミスをするのが怖いから会社を辞めた

2018年6月14日

幅魔王が10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしてから1年半以上が経過した。会社員時代の大きなストレスは「仕事にミスがないか」ということを毎日びくびくしなければいけないことであった。路線バスに乗る機会がなんどかあった […]...

» 続きを読む


1 2 3 4 16

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める