単品通販 アフィリエイターの活用

Pocket

幅魔王は2018年7月からVBCのプログラムを活用して単品通販に取り組んできた。そして、2019年1月から販売開始となった。最初はほとんど売れなかったが、販売開始から半年が経過した2019年7月頃から徐々に売れ始めるようになった。これまではGoogleとYahooのPPC広告のみを活用してきたが、来月以降はアフィリエイターを活用し、さらに収益を伸ばしていこうと考えている。

2019年 1月から単品通販での販売を開始

幅魔王は2018年7月からVBCのプログラムを活用して単品通販に取り組んできた。

単品通販とはAmazonやヤフーや楽天などの既存のマーケットプレースを使わずに自ら販売ページを作成して商品を販売する物販の手法である。

既存のマーケットプレースの場合は集客力や信用があるため、商品力があれば商品がすぐ売れる。一方で、単品通販は自分で広告を打たないとアクセスが集まらないし、アクセスを集めても成約率を上げるのが大変である。

一方で、既存のマーケットプレースの場合は、検索結果に比較商品も表示されてしまうため、どうしても価格競争になりやすく、安い商品にアクセスが流れてしまう。単品通販の場合はそのようなことはない。

また、既存のマーケットプレースの場合、規約違反と判断されてしまうと理不尽に出品やアカウントが停止になるリスクもある。単品通販の場合はこのようなリスクはない。

成約率を上げて安定した売上を上げられるようになるまでに時間はかかるものの、いったん安定した売上を上げることができれば競合が現れにくく、アカウント停止のリスクもないというのが単品通販のメリットである。

単品通販 アフィリエイターの活用

単品通販は既存のマーケットプレースを活用するわけではないため、広告を打たないとアクセスは集まらない。

そこで、まずはGoogleとYahooのPPC広告を打つことでアクセスを集めてきた。

2019年7月後半からコンスタントに商品が売れ始め、広告費を垂れ流し状態にしても安定した収益が上がるようになってきた。

広告の1日の予算を上げていくことにより、売上と利益がそのまま伸びていけば理想的であり、話は簡単である。

2019年9月以降は広告の1日の予算を上げていくことを検討しているが話はそんなに簡単ではないと予想している。というのもGoogleとYahooのPPC広告はクリック課金型広告であり、1日のクリック数を増やすとクリック単価も上がってしまう可能性があるからである。

ということもあり、PPC広告だけでなく、アフィリエイターの活用も検討している。アフィリエイターを活用すればクリック課金ではなく実際の成約に対して課金されるため、売上が上がっても利益率は一定となる。

広告の1日の予算の引き上げとアフィリエイターの活用によってどこまで売上利益が上がるのか見ていきたい。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める