LS戦略 コンセンサスレーティングをどの程度参考にするか

Pocket

幅魔王は株のサヤ取り投資を2016年3月から実践してきた。サヤ取りは買いと売りを同一金額で建てるため、リスクは少ない。一方で、サヤが閉じる根拠は過去のサヤチャートの動きにしかない。そこで、リスクを抑えつつもより利益を狙うことができる株のロングショート戦略のシミュレーションを開始した。

2019年6月からLS戦略のシミュレーションを開始

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開くと損失が出てしまう。

このサヤ取りであるが、買い建てと売り建てをほぼ同じ金額で建てるため、相場の動きに左右されずリスクヘッジができている点では非常に優れた投資手法と言える。

一方で、サヤ取りにおける仕掛けペアの抽出は過去1~5年のサヤチャートを見て行う。そして、サヤが規則的な動きをしているペアを抽出し、規則性が崩れないことを前提にしてサヤが閉じることを見込んで仕掛を行うということを繰り返してきた。

当然のことながら規則性が崩れなければサヤ取りで利益を出すことができるが、規則性が崩れない根拠はどこにもない。

ということで、相場の動きに左右れないというサヤ取りの優位性は失わずに、サヤが閉じる根拠に乏しいサヤ取りよりも利益の出す根拠のあるロングショート戦略について2019年6月から検証を開始した。

LS戦略 コンセンサスレーティングをどの程度参考にするか

ロングショート戦略はサヤ取りとは似て非なる投資手法である。正式に言えばロングショート戦略の1つとしてサヤ取りが含まれているといえる。

2019年6月からシミュレーションを開始したロングショート戦略の具体的な手法は以下の通りである。

楽天証券のスーパースクリーナーというツールを活用して独自の基準によって明らかに過小評価されており、株価が割安な銘柄と明らかに過大評価されており、株価が割高な銘柄をそれぞれ5~10銘柄ずつ抽出する。そして、割安な銘柄には買いをかけて、割高な銘柄には空売りをかける。1か月ほど寝かして損益を見るというものである。

銘柄を抽出する根拠の1つとして着目しているのがコンセンサスレーティングである。コンセンサスレーティングとは証券会社のアナリストの分析結果を元に特定の銘柄が上がるか下がるかを数値化したものである。

このコンセンサスレーティングであるが、調べてみるとあてにならないという情報が多い。証券会社のアナリストにとっては分析を外したところでペナルティはない。また、よく当たるアナリストの情報は既に機関投資家へ行ってしまっており、既に株価に反映されてしまっているとのことである。

確かにコンセンサスレーティングを銘柄選定の第一優先とした場合、あてにならないという意見は妥当である。

しかし、幅魔王の場合はその株が割安か割高かを銘柄選定の第一選定にしている。そして、コンセンサスレーティングはあくまで足切りのために使っている。つまり、明らかに割安な株があったとしても倒産寸前であることがわかっていればコンセンサスレーティングは極めて低いはずである。こういった銘柄を除外するためにコンセンサスレーティングを使えば、コンセンサスレーティングも極めて重要な情報源と言えよう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める