新商品 少なくともアクセスはある

Pocket

幅魔王が2013年7月から開始した物販ビジネスであるが、2018年5月に主力商品が仕入れらくなくなり、売上が激減してしまった。それ以降、いくつか新商品の販売を開始してきたが、売上どころかアクセスすら集まらない商品もあった。2019年4月以降、新商品を立て続けに出してこうととりあえず1つ目の新商品は売上はともかくとしてアクセスはあるようである。

半年ぶりにアメリカAmazonで新商品の販売を開始

幅魔王は2013年にGBC(現VBC)に入会して物販ビジネスを開始した。

売上が急上昇した2014年12月以降、3年半にわたって販売し続けてきた主力商品があったが、2018年5月にメーカーが急遽出荷を制限してしまい、それ以降売上が激減してしまった。

2017年1月以降、OEM商品の販売を開始し、ラインナップを少しずつ増やしてきていたが、激減してしまった売上はいまだ回復していない。

2018年11月にもアメリカAmazon向けに1つ新商品を導入したが、この商品に関しては売上が上がるどころか広告のインプレッションがほとんどなく、アクセスすらほとんどないような状況であった。

そのような中で売上を回復させるために、2019年4月から立て続けに新商品を販売していく計画を立てている。そのうちの1つが5月に販売開始となった。

新商品 少なくともアクセスはある

半年前の2018年11月に販売開始した新商品は販売開始から売上はおろか、アクセスすら集まらない状況であった。原因はリサーチが甘かったことである。似たような商品で売れている商品はあるものの、競合が多く価格破壊が起きていた。

さらには競合がおおっかったため、広告キーワードの単価も高く、広告を打ってもほとんどインプレッションがない状態であった。

この反省を活かして2019年4月には競合商品の売れ行きや価格帯などをさらに詳細に詰めたうえで新商品をいくつか選定した。

新商品のうち1つについては5月に販売開始となり、数日が経過した。まだ売上が上がってはいないものの、広告は順調にインプレッションが発生し、クリックも毎日コンスタントにある。

まだ検索結果の上位には出てこないため、広告以外からアクセスはないが、少なくとも広告からのアクセスはある程度見込める状態である。半年前に導入した商品よりはましである。

少なくともアクセスはある状態なので、いつ売れるかは不透明ではあるが、少なくとも原価割れする前価格を下げなくても売れるであろう。

1日も早く新商品の売上を上げたいのと同時にさらに追加でいくつか新商品の販売開始していき、激減してしまった売上を回復させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める