サヤ取り 闇雲にサヤが開いたペアを仕掛けているわけではない

Pocket

2019年2月後半から調子がくるっていたサヤ取りであったが、3月中旬になってようやく調子を取り戻してきた。サヤ取りはサヤが大きく開いていさえすれば闇雲に仕掛ければいいというわけではない。少なくとも過去1年のサヤの動きを見て、サヤが閉じる可能性の極めて高いペアを仕掛けているのである。

サヤ取り 3月中旬になってようやく調子を取り戻す

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開くと損失が出てしまう。

このサヤ取り出るが、2018年後半は5か月連続で実現損益がマイナスとなったものの、2019年1月、2月と実現損益がプラスとなり、調子を取り戻したかのように思えた。

しかし、2019年2月に今年初めての増し玉が失敗したのを機に調子が崩れてしまった。

増し玉に失敗したペアが大きな損失を出したことは当然のことながら痛恨の極みであったが、その他のペアも全体として調子が崩れてしまった。

特に多かったのが、利確ライン寸前までサヤが閉じたのにそこから急激にサヤが開いたペアである。

2019年2月後半から実に理不尽なペアが続出してきたが、3月中旬になって、2営業日連続で大幅利確するなどサヤ取りは少しずつ調子を取り戻してきた。

サヤ取り 闇雲にサヤが開いたペアを仕掛けているわけではない

サヤ取りは一部順張りの考え方を取り入れているものの、大きな流れで言えば逆張りの考え方に基づいた投資手法である。

順張り信者から言えば、サヤ取りは理にかなっていないと思えるかもしれない。

確かにサヤが大きく開いたペアをその他の条件を何も考えずに仕掛けてしまえば、仕掛けた後もサヤが大きく開くペアが続出してもおかしくない。

銘柄ペアの中には何年にもわたって、サヤが拡大し続けているペアもある。そう言ったペアを仕掛けたところで、急にサヤ拡大トレンドが変わる可能性は低い。

だからこそ、サヤ取りでは少なくとも1年間のサヤチャートを見て、サヤの移動平均線がほぼ一定でサヤが短い周期で開いたり閉じたりしているペアを厳選して抽出している。このようなペアのサヤが開いたときは過去の流れから見てサヤが閉じる可能性が極めて高いといえる。

サヤ取りではサヤが開いたペアを闇雲に仕掛けているわけではなく、サヤが閉じる可能性が極めて高いペアを厳選して仕掛けているのである。それでもサヤが開くペアが続出するのは極めて理不尽と言えよう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める