サヤ取り 相場全体の様子がおかしい

Pocket

2019年1月、2月と2か月連続で実現損益がプラスとなったサヤ取りであるが、2月後半から様子がおかしい。利確ライン寸前までサヤが閉じてからサヤが開くペアが続出している。幅魔王だけかと思ったが、他にサヤ取りをやっている人のブログを見ると全員調子が悪いようだ。

サヤ取り 利確ライン寸前まで行ってサヤが開くペアが続出

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開くと損失が出てしまう。

このサヤ取り出るが、2018年後半は5か月連続で実現損益がマイナスとなったものの、2019年1月、2月と実現損益がプラスとなり、調子を取り戻したかのように思えた。

しかし、2019年2月に今年初めての増し玉が失敗したのを機に調子が崩れてしまった。

増し玉に失敗したペアが大きな損失を出したことは当然のことながら痛恨の極みであったが、その他のペアも全体として調子が崩れてしまった。

特に多かったのが、利確ライン寸前までサヤが閉じたのにそこから急激にサヤが開いたペアである。実に理不尽なサヤの動きをしているとしか言いようがない。

サヤ取り 相場全体の様子がおかしい

サヤ取りは統計学的に見てサヤが異常に開いたペアを抽出している。そのため、割安な株を買って、割高な株を売りたいという人間の当然な心理からすればサヤは閉じるはずである。

一方で、サヤ取りは開いたさやがリバウンドして閉じるであろうという逆張りの考え方に基づいている。

あまりにも極端に逆張り過ぎると勝率が悪くなる。そこで、一部順張りの考え方を入れて、サヤが閉じ始めたのを確認してから仕掛けるようにしている。

つまり、統計学的に異常にサヤが開いているという仕掛けポジションを見ても、サヤが閉じ始めたという向きを見ても、きわめてサヤが閉じる可能性のペアを厳選して仕掛けているといえる。

しかし、それでも2019年2月後半から保有しているペアのほとんどが急激にサヤが開いてしまった。しかも、サヤ縮小トレンドにあったのに急にサヤ拡大トレンドになってしまったペアが続出した。

幅魔王のペア選出方法に原因があるのかと考えたが、他にサヤ取りをやっている人のブログを見ると全員調子が悪いことが判明した。

どうやら相場全体の様子が異常らしい。もし、こういった異常な動きを意図的に作り出している人がいるとすれば、規模によっては犯罪行為に該当する。サヤ取りで損失を出した人に対する損害賠償の支払いは当然のこと、刑事罰に処されてしかるべきである。国によっては死刑もありえよう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める