正しいことを継続せずに間違ったことを継続する100億円不動産王

Pocket

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。しかし、100億円不動産王倶楽部自体は失敗案件続きで、2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。100億円不動産王自身、唯一と言っていい成功案件であるGBCを手放してしまったことが致命傷となってしまった。一方で、100億円不動産王はアメリカ経済に対する間違った見解についても今も継続的に情報発信を続けている。

唯一と言っていい成功案件であるGBCを手放した100億円不動産王

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。しかし、100億円不動産王倶楽部は2014年後半から全く活動がなされなくなってしまった。そして、2017年1月に突如運営事務局が消滅したという連絡が入り、事実上の立ち消え状態となってしまった。

これに対して、多くの会員から「100億円不動産王倶楽部発の案件は失敗案件ばかりでないか」という不満の声が上がっていた。

しかし、100億円不動産王倶楽部発の案件がすべて失敗案件であったというわけではない。明らかな成功案件もあった。GBC(現VBC)である。

GBCは中国を活用した物販の仕組みであるが、これを活用することによって多くの会員が稼げるようになり、幅魔王のように脱サラした会員も多くいる。

このGBCを中心コンテンツとして100億円不動産王倶楽部を運営していけば100億円不動産王倶楽部はさらなる発展を遂げ、運営事務局が消滅するなどという事態にはなっていなかったはずである。

しかし、100億円不動産王はGBCを中心とした運営をしないどころかGBCをVBCとして分社化して手放してしまったのである。

唯一の成功案件であるGBCを手放してしまった理由は謎に包まれているが、理由はどうあれ、この上ない愚行としか言いようがない。

正しいことを継続せずに間違ったことを継続する100億円不動産王

このように100億円不動産王はGBCという唯一の成功案件は継続せずに自ら手放してしまっている。

100億円不動産王は継続力がないともいえるかもしれないが、間違ったことに関しては継続力がある。

100億円不動産王はジアーストレンドというコンテンツで世界経済に関する見解を毎月表明していた。しかし、幅魔王が100億円不動産王倶楽部に入会した2013年当初からアメリカ経済に対する見解に関しては真実と真逆であり、あまりにも支離滅裂かつ的外れな見解を表明していたことは有名すぎる事実であった。

参考記事:なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

しかも、一時的に間違った見解を表明するならばまだしも、100億円不動産王倶楽部の運営事務局が消滅した2017年以降も継続して、アメリカ経済に関して真実と真逆の見解を自らのSNSで発信し続けている。つまり、少なくとも5年以上にもわたって間違った見解を表明し続けていることになる。

なぜ、100億円不動産王は間違った見解を表明し続けることに関しては継続できるのに、なぜGBCという正しいコンテンツを運営し続けることは継続できないのだろうか?

100億円不動産王は間違ったことを継続するエネルギーを正しいことに使えばよかったのである。実にもったいない限りである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める