アメックスビジネスゴールド解約完了

Pocket

2019年からアメックスの規約が改悪され、ANAマイルの移行上限が4万マイルに引き下げられた。これを受けて年会費が発生する前にANAマイルにポイントをすべて移行した後、アメックスの解約が完了した。

2019年からアメックスの規約が改悪

2018年にアメックスビジネスカードの招待レターが届いたことをきっかけにしてアメックスビジネスゴールドカードに申し込んだ。

アメックスビジネスゴールドカードは初年度無料の上に、大量のボーナスポイントがもらえることが非常に魅力的であった。

しかも、幅魔王の場合はVBCを活用した物販ビジネスでクレジットカードで大量の仕入れを行っている。1年もあれば大量のボーナスポイントをもらえる条件を満たすことができる。

2018年は実際に大量のボーナスポイントをもらうことができた。

しかし、2019年以降も年会費を支払ってアメックスビジネスゴールドカードを使おうか考えた矢先にアメックスの規約が改悪されたとの連絡が入った。

どうやらANAマイルへの移行上限が年8万マイルから4万マイルまで引き下げられたらしい。

アメックスビジネスゴールド解約完了

そもそも移行上限があること自体が非常に理不尽な事実であるが、それがさらに引き下げられるなどもってのほかである。

幅魔王は規約改悪の連絡を受けるとすぐにアメックスビジネスゴールドカードを解約することを決断した。

とは言ってもすぐに解約してしまうと2018年に獲得したボーナスポイントが無駄になってしまう。

2018年に移行上限の8万マイルを移行し、2019年に残ったポイントをすべてマイルに移行してから解約することにした。

マイルの移行を2回に分けて行い、さらには解約の手続きを年会費が発生する前に行う必要がある。合計で3回の手続きを期限内に行わないと、年会費を取られずに最大限にマイルを獲得することはできない。

手続きを忘れてしまうことが懸念されたが、1月後半に無事移行できるだけのポイントがすべてANAマイルに移行されたことを確認して、解約手続きが完了した。

今後は物販ビジネスで使う法人カードは移行上限のないANAJCBカードと楽天ポイントが貯まる楽天ビジネスカードが中心となっていくであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める