単品通販 販売開始初日で最初の注文が入る

Pocket

幅魔王が2018年7月からVBCのプログラムを活用し、Amazonや楽天などのマーケットプレースに依存しない単品通販に取り組んでいる。そして、2019年1月に在庫が届き、販売開始となった。実際に売れるのかが懸念されたが、販売開始初日に早速注文が入った。

単品通販 販売開始初日で最初の注文が入る

幅魔王は2018年7月からVBCのプログラムを活用し、単品通販に取り組んでいる。

単品通販とはAmazonや楽天などの既存のマーケットプレースを使わずにワードプレスなどで販売ページを作成して販売する物販の手法である。

この単品通販であるが、成約率の高い販売ページを作成するのに時間がかかったため、販売開始となったのはVBCのプログラムを活用してから半年後の2019年1月であった。

販売開始となったはいいが実際に商品は売れるのかということが懸念されていた。商品が売れたとしても販売開始から2週間以上かかるのではないかと思っていた。そして、商品が売れたとしても広告費がかかりすぎてしまい、元が取れないことも懸念された。

しかし、1個も商品が売れないという懸念は販売開始初日で商品が売れたことから杞憂に終わった。そして、初日の注文も含めて販売開始から4日で3つ注文が入った。その後は1週間近く注文が入っていないが今後売上がどうなるのかが注目される。

単品通販は守りだけでなく攻めも強いのか

幅魔王が単品通販に取り組んでいるのはAmazonや楽天などの既存のマーケットプレースは売上は上げやすいものの、売上が安定しないからである。

売れる商品を見つけたとしても、すぐに競合が似たような商品を安く出品してしまう。Amazonや楽天は比較商品が販売ページに出てしまうので似たような商品が安く出てしまうとすぐにアクセスが流れてしまう。

そして、悪いレビューを大量に入れたり、大量返品してきたり、規約違反で通報するなど、嫌がらせをしてくる競合はいくらでもいる。

一方で、単品通販は自ら作成した販売ページで販売するため、競合からの嫌がらせは受けにくい。ブログで商品の悪評を大量に書いて、検索結果1ページ目に掲載するという嫌がらせは考えられるものの、既存のマーケットプレースを使っている人に比べれば単品通販をやっている人は極端に少ないため、そもそも競合自体が少ない。

ということで、単品通販は売上が安定するという意味で守りに強い手法であると考えていた。

しかし、販売開始初日から商品が売れたということもあり、広告を使ってアクセスを集めれば大量に売れる可能性も秘めている。4日で3個商品が売れた後は1週間程度商品が売れていないものの、今後成約率を上げていくことにより、単品通販は守りだけでなく攻めにも強い手法にしていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める