アメックス解約後は結局法人カードはANAJCBしかない

Pocket

2018年にマイルが大量にもらえるキャンペーンをやっていたことからアメックスビジネスゴールドカードを導入した。しかし、ANAマイルの移行上限が2019年から4万マイルまでとなる規約改悪がなされた。これに伴い、年会費が発生する前にアメックスビジネスゴールドカードを解約することにした。

アメックス規約改悪で年会費が発生する前に解約

幅魔王は2018年にマイルが大量にもらえるキャンペーンをやっていたことからアメックスビジネスゴールドカードを導入した。

参考記事:マイル獲得のためアメックスビジネスゴールドに申し込み

このキャンペーンを活用して、2018年はANA10万マイルに相当するポイントを獲得することができた。

しかし、2019年からANAマイルの移行上限が8万マイルから4万マイルへ引下げられるという規約改悪の連絡があった。規約が改悪されてしまうと大量にポイントを貯めてもANAマイルに移行できるポイントが限られてしまう。そして、初年度は無料だがアメックスビジネスゴールドカードはそれなりに高い年会費がかかる。

ということで規約改悪によって高い年会費を払うに値するカードでなくなったと判断して、年会費が発生する前にアメックスビジネスゴールドカードを解約することにした。

参考記事:アメックス規約改悪の前に8万マイルを引き出す

アメックス解約後は結局法人カードはANAJCBしかない

幅魔王は法人カードとしてでは楽天ポイントを貯めるために楽天カードを保有し、ANAマイルを貯めるためにANAJCBカードとアメックスビジネスゴールドカードを保有していた。

しかし、アメックスビジネスゴールドカードの規約改悪に伴って、年会費が発生する前にアメックスビジネスゴールドカードを解約することにした。

ANAJCBカードは今のところ利用限度枠が70万円と低い。ということでANAマイルを貯めるためのカードを新たに作ろうと色々調べてみた。

個人で使用するカードとしてはANAJCBではなくANAVISA(もしくはMASTER)のワイドゴールドが最もお勧めのカードとして紹介されていた。しかし、ANAVISA(もしくはMASTER)は法人カードの場合はポイントをANAマイルに移行できないとのことである。

その他のANAマイルに移行できる法人カードを調べてみても、移行上限が引き下げられたアメックス系とペイパルで手数料が二重に取られるダイナースクラブ系しか出てこなかった。

やはり法人カードの場合はANAマイルを貯めることを考えるとANAJCBがベストということが判明した。ANAJCBカードについてはこのまま保有を続け、物販ビジネスの調子が上がってきて限度枠の問題が出てきたらANAJCBの一般カードからワイドゴールドにグレードアップしていこうと考えている。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める