GW10連休の調査も自営業と会社員に分けてやってほしい

Pocket

2019年はGWが10連休になる。土日祝が休みの会社員であればうれしいはずであるが、脱サラした幅魔王にとってはたいしてうれしくない。それどころかやることがなくて退屈すぎるのが困るくらいである。

GWの10連休「うれしくない」45%

GWの10連休「うれしくない」45%という記事を読んだ。

朝日新聞社が15、16日に実施した全国世論調査(電話)で、来春の大型連休(GW)が10連休になることについて尋ねると、「うれしい」は35%で、「うれしくない」の45%の方が多かった。

男性は「うれしい」43%が、「うれしくない」40%より少し多かった。一方、女性は51%が「うれしくない」と答え、「うれしい」は28%にとどまった。

「うれしい」は若年層ほど多く、18~29歳は58%、30代は43%に対し、60代は25%、70歳以上は18%だった。職業別では事務・技術職層の51%が「うれしい」と答える一方、製造・サービス従事者層の「うれしい」は35%にとどまり、50%が「うれしくない」。主婦層では53%が「うれしくない」と答えた。

この世論調査は年代別と職業別で分けて行われている。職業別と言っても事務・技術職層と製造・サービス従事者層のことしか書かれていない。あとは主婦層の結果が書かれているくらいである。

GW10連休の調査も自営業と会社員に分けてやってほしい

幅魔王の場合、会社員時代はもともと4月30日から5月2日が特別休日になっており、GWは10連休くらいであった。ということで会社員を続けていたとしても、GWが10連休になった影響はほとんど受けなかった。

しかし、もしこのようなことがなくて、通常の年は4月30日から5月2日に出勤せざるを得なかったとしたらGWが10連休になったら間違いなくうれしかったであろう。一方で、5月6日に近づくにつれて気分が重くなり、連休が終わった後の絶望感も増大することは間違いない。

では脱サラした後はどうだろうか?

脱サラすると平日も休日もあまり関係がなくなる。休日になるとどこに出かけても混むし、料金は高くなるので家に引きこもる傾向にある。10連休ともなると退屈で仕方がないことは間違いないであろう。

というこことで、GWがうれしいかどうかの調査は土日祝が休日の会社員と土日祝があまり関係ない自営業とに分けてやらないとあまり意味がない。土日祝が休日の会社員と土日祝があまり関係ない自営業とに分けてやれば調査結果に顕著な違いが見られることは間違いないであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める