政治的思想には興味はないが真実と真逆は言語道断

Pocket

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会したがそこでは、ジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王の見解が配信されてきた。しかし、この中で特にアメリカ経済に対する見解が支離滅裂であることは有名すぎる事実であった。幅魔王自身政治的思想には興味はないが、政治経済について真実と真逆の見解を表明し続けることは言語道断だと思っている。

アメリカ経済に対する見解が真実と真逆で支離滅裂な100億円不動産王

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部自体は2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。

100億円不動産王倶楽部が立ち消えとなる前の2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツで100億円不動産王ことチャーリータカ氏が世界中を回って世界経済に対する見解が表明されていた。

しかし、100億円不動産王の表明する見解の中でもアメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであると感じていた。

参考記事:真実と真逆の見解を表明するのはやめてほしい

少なくともオバマ政権時代のアメリカ経済は崩壊寸前、場合によっては既に崩壊しているとみる専門家が多い中で100億円不動産王は執拗にアメリカ経済を絶賛していることが不自然に思えてならなかった。

100億円不動産王の公式ブログにもいくつかアメリカ経済に関する記事が書かれているが、いずれも的外れな記事ばかりであった。

参考記事
見事に予想を外した「アメリカ強し!」の記事
ねつ造された雇用統計指数が根拠らしい
シェールガスがアメリカ経済の強さの根源だったらしい
トランプ氏でアメリカ経済は少なくとも表向きは改善したのだが

どうやったらここまで真実と真逆で支離滅裂かつ的外れな見解を表明し続けられるのだろうか?逆に感心してしまうほどである。

政治的思想には興味はないが真実と真逆は言語道断

幅魔王はこれまで100億円不動産王のアメリカ経済に対する見解の問題点を何度も指摘してきた。

アメリカ経済に対する見解がおかしいからと言って、間違った投資やビジネスを行って損失を出したわけではない。なぜここまでアメリカ経済に対する見解が間違っていることを指摘し続けてきたのだろうか?

幅魔王は特別な政治的思想を持っており、異なる政治的思想を持っている人が許せないからと思っている人もいるかもしれない。

しかし、それは間違いである。幅魔王は政治に関しては現在はニュートラルであり、右翼も左翼も興味がない。自民党が政権を取ろうが立憲民主党が政権を取ろうがあまり興味はない。アメリカに関しても民主党でも共和党でもどちらもいい。オバマ政権にもトランプ政権にも個人的な利害関係はない。

幅魔王は特に政治的思想には興味はないが、真実と真逆の見解を表明し続けることは言語道断だと思っている。

一時的に間違った情報に惑わされ、真実と真逆の見解が入ってしまうのであればまだ理解できる。真実を多少捻じ曲げて説明するのもまだ理解できる。

100億円不動産王は何年にもわたって継続してアメリカ経済に対して真実と真逆の見解を表明し続けてきた。そして、自分が真実と真逆の見解を表明し続けてきたことを認めて訂正するつもりが一切ない。これは特定の政治的思想を持っていない人からしても言語道断としか言いようがない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める