アメックス規約改悪の前に8万マイルを引き出す

Pocket

アメックスの規約が改悪された。これまではANAマイルの移行上限が年間8万マイルだったが、2019年以降は4万マイルになるらしい。マイルの移行上限を設定すること自体が言語道断としか言いようのない措置であるが、その移行上限をさらに引き下げるなどもってのほかとしか言いようがない。

アメックス規約改悪の前に8万マイルを引き出す

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきたが、クレジットカードを使って仕入れをしていた。

クレジットカードの1つは楽天カードで楽天マイルを貯めていた。そして、もう一つはANAJCBカードでANAマイルを貯めていた。

しかし、ANAJCBカードを利用限度枠が少ないため、2018年からアメックスビジネスゴールドの使用を開始した。

参考記事:マイル獲得のためアメックスビジネスゴールドに申し込み

アメックスビジネスゴールドは初年度年会費無料であることに加えて、初年度はボーナスマイルが異常に貯まりやすい。1年間で200万円使用すれば10万マイル以上貯めることができる。

一方で、ANAマイルの移行上限が8万マイルまでという制限もある。さらには2019年以降は4万マイルに移行上限が引き下げられるらしい。

ということで、アメックスビジネスゴールドを保有するメリットは初年度しかないということがわかり始めてきた。

年会費支払いの前にアメックスを解約し、マイル移行上限のないカードに

アメックスビジネスゴールドはせっかくここまでボーナスマイルが貯まりやすいのにANAマイルの移行上限があるという措置は言語道断としか言いようがない。さらにはその移行上限を撤廃するどころか上限を4万マイルまで引き下げるという措置は暴挙である。

何のためにここまでボーナスマイルをくれたのだろうか?本末転倒である。

ということで、アメックスビジネスゴールドを保有しているメリットは初年度の年会費無料の期間しかない。そのため、幅魔王はポイントをANAマイルに移行した後に年会費が発生する前にアメックスビジネスゴールドカードを解約することにした。

幸いなことに移行できるANAマイルは10万マイル程度である。移行上限が8万マイルである2018年中に8万マイル移行し、その後残ったマイルを移行すれば上限にかからずに無駄なくマイルを獲得することができる。

2018年中にANAマイルへの移行を忘れずに行い、年会費が発生する前にアメックスビジネスゴールドカードを解約したいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める