売上が振り込まれず失効する事件でメルカリ完全終了

Pocket

幅魔王が2013年に入会したGBC(現VBC)では2016年にメルカリ販売をサポートするプログラムがスタートした。しかし、メルカリの規約が厳しくなり、幅魔王も2017年前半にメルカリ販売からは撤退した。そして、メルカリの売上が失効する事件もあり、ほとんどの人がメルカリ販売からは撤退するのではないかと思われる。

売上が振り込まれず失効する事件でメルカリ完全終了

幅魔王は2013年にGBC(現VBC)に入会し、物販ビジネスを開始した。

物販ビジネス開始から1年半が経過した2014年12月から売上が急上昇したが、売上のほとんどは日米のAmazonであった。

2016年にはVBCでメルカリ販売をサポートするプログラムが開始した。2016年8月に日本Amazonのアカウントが停止になったこともあり、販路を拡大し、リスクを分散させるため、メルカリでの販売を開始した。

しかし、2016年12月にメルカリの規約が厳しくなったことに伴い、売上を上げるのが難しくなり、幅魔王は2017年にメルカリ販売からは完全に撤退した。

そのような中で2018年にメルカリの売上が失効するという事件が起きたらしい。

参考記事:メルカリから突然の利用制限、解除間に合わず売上金失効も

売上が失効するとなればこれは明らかにメルカリの犯罪行為ともいえる。失効した売上は不正がなければ再付与とのことであるが、こんなことがあっては誰もメルカリで販売しようとは思わないであろう。

メルカリ販売を行っていたグループもこれを機にメルカリからの完全撤退をした人が多い。メルカリの完全終了も近いのではないだろうか?

メルカリよりもアメリカAmazon

結局幅魔王は半年くらいメルカリでの販売を行っていたが、あまり大きな売上を上げることはできなかった。せいぜい月商10万円程度である。

一方で、日本Amazonはメルカリよりも売上は大きかったが、せいぜい月商30万円程度であった。それでもFBAがあるため、売上が上がると自動で商品が出荷される。メルカリの場合は梱包・発送をすべて自分で行わなければならない。外注したとしても外注に的確に指示を出す必要がある。

日本Amazonでの売上が最大で月商30万円だったのに対し、アメリカAmazonでは2017年1月に過去最大の月商300万円に到達した。日本Amazonの10倍である。

やはりアメリカのほうが日本よりも人口が多く、ネットショッピングが発展しているのが大きい。日本でAmazonや楽天やメルカリと販路を増やすよりもアメリカAmazonで販売したほうが何倍もの売上を上げることができるのは間違いない。

それなのにVBCではなぜかアメリカで販売する人が極端に少ない。しかし、今回メルカリを完全撤退する人が増えたことに伴い、アメリカで販売する人が急激に増えることであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める