スーパーで周りを見るとほとんど現金決済

Pocket

幅魔王が日々使っているスーパーではレジは有人であるが、支払いは自動支払機によって行われる。自動支払機ではクレジットカードと現金を使うことができるわけであるが、幅魔王は毎回クレジットカードを使っている。しかし、周りを見渡すとほとんどの人が現金で支払いをしている。実に謎である。

スーパーで周りを見るとほとんど現金決済

幅魔王は毎日ではないが、食料などを買うために日々使っているスーパーがある。このスーパーは数年前までは有人のレジで支払いがなされていたが、数年前に自動支払機が設置された。つまり、レジでバーコードの読み取りなどが行われた後に自動支払機で代金を支払う流れになっている。

自動支払機では現金とクレジットカードの2つの支払い方法を選択することができる。幅魔王は毎回クレジットカードで支払っている。

しかし、周りを見渡すとほとんどの人が現金で支払っている。逆にクレジットカードで支払いをした人を見たことがないというわけではないが、クレジットカードで支払いをする人はごくまれである。

中国ではキャッシュレス化が急速に進み、ほとんどの人がアリペイかウィーチャットペイで支払いをしている。

一方で日本ではクレジットカードで支払いができるスーパーなのにほとんどの人が現金を使っていることからもキャッシュレス化が全然進んでいないことがよくわかる。

クレジットカードのほうが支払いが簡単でポイントが貯まる

なぜこうも多くの人が現金決済をするのだろうか?実に謎である。

幅魔王の場合はクレジットカードを使用したほうがポイントが貯まり、クレジットカードのほうが支払いが簡単であるため、クレジットカードが使える店では現金を使わず、クレジットカードで支払う。

日本にいるとここ最近ではほとんどの店でクレジットカードが使えるため、現金を使う機会がほとんどなくなってきている。クレジットカードが使えないのは小さな飲食店くらいではないだろうか?

クレジットカードを使わない人の意見の中に「使いすぎが怖い」というものがあった。確かにクレジットカードは後から引き落としが来るのでいつの間にか使いすぎていることもあるかもしれない。

しかし、幅魔王の場合はマネーフォワードをクレジットカードと連携させて毎月の出費を管理している。クレジットカードの使用の履歴は一目瞭然である一方で、現金で支払った場合はマネーフォワードに履歴が残らない。クレジットカードを使ったほうがかえって資金管理がしやすい。

クレジットカードを使ったほうがメリットが多いのになぜスーパーに行くとほとんどの人が現金で決済しているのだろうか?実に謎である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める