ポイントではネットショッピングは楽天とヤフーの2強

Pocket

日本のネットショッピングの2強と言えばAmazonと楽天である。しかし、ポイントの還元率や使い勝手を考えた場合、楽天とヤフーショッピングの2強ではないかと考えられる。

自分が購入する場合はAmazonはほとんど使わず楽天を使う

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。物販ビジネスではまず最初に日米のAmazonでの販売を開始した。

そして、物販ビジネスを開始してから1年後の2014年になヤフーショッピングでの販売を開始した。さらには物販ビジネスを開始してから5年後の2018年には楽天での販売を開始した。

日本ではAmazon、楽天、ヤフーショッピングの中では販売していた期間が長いこともあり、Amazonが一番よく売れている。

しかし、幅魔王が購入する側になった場合は、Amazonやヤフーショッピングはほとんど使わずほとんど楽天を使っている。

理由は簡単である。仕入れで楽天カードを使っているため、楽天ポイントが貯まり、楽天ポイントを使って商品を購入しているからである。楽天のほうがAmazonやヤフーショッピングよりも価格が高いこともあるが、ポイントを使えば事実上無料で商品を購入することができる。同じ商品を購入できるのであればポイントが使えたほうがいいことは言うまでもない。

ポイントではネットショッピングは楽天とヤフーの2強

日本のネットショッピングの2強と言えばAmazonと楽天であり、ヤフーショッピングは3番手と言える。

しかし、ポイントの還元率と使い勝手を考えた場合は楽天とヤフーショッピングといえるであろう。

Amazonはポイントの貯まるクレジットカードはあるもののクレジットカードの利用以外にポイントが貯まることがほとんどない。そして、Amazonで貯めたポイントはAmazonでの商品の購入以外では使えない。

楽天とヤフーはクレジットカードの利用以外でもネットショップの利用で高い還元率でポイントを貯めることができる。場合によっては10%以上還元されることもあり、消費税以上の倍率で還元されていることになる。

しかも、楽天とヤフーでは貯めたポイントを楽天トラベルやヤフートラベルなどの商品の購入以外のサービスでも使うことができる。さらには、楽天とヤフーのポイントはネットだけでなくリアル店舗でも使うことができる。

ポイントの還元率と使い勝手という点で考えた場合、日本のネットショッピングは楽天とヤフーの2強であると考えられる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める