両方使って比較したわけではないが、スマホはAndroid派

Pocket

ほとんどの人が所持しているスマホであるが、iPhoneとAndroidの大きく2つに分けられる。幅魔王の周りの人はほとんどiPhoneを持っているが、幅魔王はiPhoneではなくAndroidを持っている。両方使って比較したわけではないが、幅魔王はAndroid派である。

日本ではiPhoneのほうが多数派らしいが

2018年現在ではガラケーはほとんどなくなり、スマホの普及率は100%に近い状態であろう。

スマホと言えばiPhoneとAndroidの大きく2つに分類される。

幅魔王はAndroidを所持しているが、先日iPhoneを所持している人から「Androidを使っている人なんて初めて見た」と言われたことがあった。完全にAndroidを見下したような発言である。

AndroidのほうがiPhoneよりも劣っているのだろうか?

日本ではiPhoneを所持している人が7割くらいでAndroidを所持している人が3割くらいである。Androidを所持している人のほうが少数派であるが、全く見ないといったレベルではない。

一方で、世界では圧倒的にAndroidのほうがシェアが高い。幅魔王がAndroid派であることが異常であるような言われ方をしたが、iPhone派のほうが多い日本が世界の中では異常であるといえる。

両方使って比較したわけではないが、スマホはAndroid派

幅魔王は大衆迎合主義や「みんなが~しているから」というのが嫌いである。幅魔王の周りの人は皆iPhoneを使っている。

とは言うものの、周りがiPhoneを使っているからあえてandroidを使っているというわけではない。

たまたま、最初に購入したスマホがAndroidであったからその流れで今もAndroidを使っているだけである。

幅魔王がガラケーからスマホに変えたのは2013年のはじめであった。スマホに変えるときはガラケーと同じメーカーにするのが無難であると考えた。ガラケーにiPhoneはないので自然な流れでAndroidになった。

それから2016年にスマホの動作が遅くなったので、1回だけ機種を変更したが、その時も同じメーカーのものにした。当然Androidである。

ということで、iPhoneとAndroidの2つを使って比較したわけではなく、それほどAndroidにこだわりがあるわけではないが、幅魔王はいつのまにかAndroid派になっていたことになる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める