ベストセラーなど程遠くても月商300万円

Pocket

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。VBCからは日本Amazonでベストセラーを獲得した人がいるとの連絡を受けることがある。その人はどのくらい売上を上げているかはわからないが、アメリカAmazonではベストセラーに程遠くても月商300万円近くまで売上を上げられる。

日本Amazonでベストセラーを獲得した人がいるとの連絡を受けるが

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

最初の1年半はなかなか売上が上がらなかったが、2014年12月からアメリカAmazonでの売上が上昇し、2017年1月には過去最高の月商300万円を突破した。

この時の売上のほとんどはアメリカAmazonであった。一方で、日本Amazonではどんなに頑張っても月商30万円がやっとであった。

2017年からOEM商品の販売を開始し、日本Amazonでも少しずつ売上を伸ばしつつあるが、アメリカAmazonには及ばない。

アメリカAmazonのほうがよく売れることからVBCでもアメリカAmazonで販売している人のほうが多数派であると思っていた。

VBCではたまにベストセラーを獲得した会員がいるとの情報が入ってくるが、これまでそういった情報のすべてが日本Amazonでのベストセラーであった。

日本AmazonはアメリカAmazonに比較すると売れにくいのにベストセラーを獲得する人は尊敬に値するといえる。

ベストセラーなど程遠くても月商300万円

幅魔王が2017年1月にアメリカAmazonで過去最高の月商300万円を記録したときはベストセラーまたはそれに近い状況であっただろうか?

この時は3SKUだけで売上のほとんどを上げており、SKU数は他のセラーに比べてかなり少ないといえる。つまり、1つのSKUだけでかなり高い売上を上げていたといえよう。

そう考えるとあるSKUでベストセラーになっていたのではないかと考えられる。

しかし、ベストセラーには程遠かったといえる。アメリカAmazonは日本Amazonに比べて競合商品が多い。そのため、そう簡単にはベストセラーにはならない。

日本Amazonでベストセラーになった人の売上がどのくらいなのかは知らないが、少なくともアメリカAmazonよりも少ない売上でベストセラーになれることは間違いない。

ベストセラーになることはいいことであるのは間違いないが、いいことばかりではない。当然のことながら競合に目をつけられる。競合に目をつけられると悪いレビューを入れられたり、出品停止やアカウント停止などに持ち込まれたりなど様々な嫌がらせを受ける可能性がある。

ベストセラーなど程遠くても月商300万円近くに行くアメリカAmazonのほうが日本Amazonよりも売れやすいことは間違いない。商標権を持っていないと詳細なカタログを作れないなどOEM商品の販売が難しい点がある。それでもアメリカAmazonを攻略してOEM商品の売上を伸ばしていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める