脱サラして初めて祝日を間違える

Pocket

2018年10月8日は体育の日で国民の祝日であった。しかし、幅魔王は体育の日を2018年10月15日と勘違いしていた。脱サラすると平日も休日もあまり関係なくなるが、脱サラ後2年が経過して初めて祝日を間違えた。

脱サラして初めて祝日を間違える

2018年10月8日は体育の日で国民の祝日であった。しかし、幅魔王は体育の日を2018年10月15日と思い込み勘違いしていた。

幅魔王は株をやっているため、毎朝9時前になると株の板を見て、今日この銘柄は上がるのかそれとも上がるのかをチェックしている。

しかし、2018年10月8日は祝日であったため、どの銘柄を見ても前の営業日の終値から動いていない。ここで初めて2018年10月8日が祝日であることに気づいた。

幅魔王は2016年10月に脱サラしたので、脱サラしてちょうど2年が経過したことになる。

脱サラすると会社に行かなくてよくなるので、平日も休日もあまり関係なくなる。特に国民の祝日は忘れがちになる。

それでも外に出かけるときはできるだけ人の少ない平日を選んでいたため、脱サラしてから2年間は祝日を勘違いすることはなかった。祝日を勘違いしたのは脱サラしてちょうど2年が経過した2018年10月8日の体育の日が初めてであった。

会社員時代に間違えて祝日に出勤することはありえない

脱サラして2年が経過して初めて祝日を間違えたわけであるが、会社員時代に祝日を間違えるなどありえないことであった。

まず、平日を祝日と勘違いして会社を休むと無断欠勤になってしまうので、これは普通の人でもありえないことである。

では逆はどうだろうか?祝日で会社が休みなのに間違えて出勤したという人はいるかもしれない。

しかし、幅魔王にとっては会社員時代に祝日を平日と勘違いして会社に出勤することもありえなかった。

というのも会社員時代は休みが来るのが楽しみで仕方がなかった。別に休みに何かをするわけではないが、仕事のストレスから少しでも解放されるだけでもその喜びはほかには代え難いものであった。

仕事をしていると

次の週末まであとどのくらいだろうか?
次の3連休まであとどのくらいだろうか?
次の長期休暇まであとどのくらいだろうか?

こんなことばかりを考えていた。そして、次の休みがあるからこそそれがモチベーションになって何とか仕事を頑張ることができたのである。

休みに対する思い入れがここまで強いと会社員時代に祝日を平日と勘違いして会社に出勤することありえないということがよくわかる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める