メルカリの規約攻略のエネルギーをアメリカAmazonに使えばいいのに

Pocket

幅魔王が2013年に入会したGBC(現VBC)であるが、2016年にメルカリでの販売をサポートするプログラムがスタートした。しかし、2016年12月以降、メルカリの規約が厳しくなり、幅魔王は2017年にメルカリ販売からは撤退した。それでも未だにメルカリの厳しい規約を攻略して販売を継続している人がいる。そのエネルギーをアメリカAmazonでの販売に使えばいいのにと思ってしまう。

メルカリの規約攻略をする人々がいまだに存在

幅魔王は2013年にGBC(現VBC)に入会し、物販ビジネスを開始した。

VBCでは2016年にメルカリでの販売をサポートするプログラムを開始した。幅魔王は2018年8月に日本Amazonのアカウントが閉鎖になってしまい、販路を増やすという目的でこのプログラムに参加した。

しかし、2016年12月以降、メルカリの検索順位アルゴリズムの変更など急激にメルカリの規約が厳しくなり、売上を上げるのが難しくなってしまった。

そういったこともあり、幅魔王は2017年にメルカリでの販売からは撤退することにした。

しかし、人数は減ったとは思われるが、2018年10月現在でも未だにVBC内のメルカリ販売のグループは立ち消えになってはおらず、メルカリでの販売を継続している人がいる。

幅魔王もメルカリ販売からは撤退したものの、グループのSNSからは退出していないため、ちょくちょくメルカリ販売に関する情報が流れてくる。

メルカリの規約はますます厳しくなり、売上を上げることはますます難しくなってきている。それでも、規約が厳しくなり、競合が減ったことをいいことに規約を攻略して売上を伸ばしている人もいる。尊敬に値する。

メルカリの規約攻略のエネルギーをアメリカAmazonに使えばいいのに

幅魔王は物販ビジネスでの売上のほとんどはアメリカAmazonであった。2017年1月に過去最高の月商300万円を記録したときもほとんどの売上をアメリカAmazonで上げていた。

一方で、日本Amazonではどんなにがんばっても月商30万円がやっとであった。そして、メルカリは日本Amazonよりも売上を上げるのがさらに大変であった。さらには、FBAのような仕組みが使えないため、仮に売上が伸びてきても出荷連絡、発送の手間がかかってしまう。

物販ビジネスで売上を伸ばしたいのであればどう考えてもメルカリよりもアメリカAmazonのほうが効率がいいのは目に見えている。

しかも、Amazonは確かに規約は厳しいが、メルカリほどではない。アメリカAmazonにおいては規約違反すれすれの行為をしなくても月商300万円近くまで行った。幅魔王はアメリカAmazonで5年近く販売しているが未だにアカウントが停止になったことはない。

未だにメルカリの厳しい規約を攻略してメルカリで売上を上げようとしている人も少なからずいる。しかし、どう考えてもメルカリよりもアメリカAmazonのほうが効率的に売上を上げられることは間違いない。

アメリカAmazonも商標権を取得しないと画像入りの詳細な新規カタログを作れないなど新規のOEM商品を販売するには壁がある。逆に言えばアメリカAmazonでさらに安定的にOEM商品の売上を上げる余地はまだ大いに残っているといえる。

メルカリの厳しい規約を攻略するのにエネルギーを使うのであればアメリカAmazonでの売上を伸ばすことにエネルギーを使ったほうが賢明であることは言うまでもない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める