管理職になりたくない人が6割しかいないらしい

Pocket

会社員の6割「管理職なりたくない」 負担増に嫌気?という記事を読んだ。タイトルだけ読んで思ったのは管理職になりたくない人が6割しかいないということである。幅魔王は会社に入社した当初から管理職には絶対になりたくなかった。

会社員の6割「管理職なりたくない」

会社員の6割「管理職なりたくない」 負担増に嫌気?
という記事を読んだ。

 非管理職の会社員の6割が管理職になりたくないと考えていることが、厚生労働省が28日発表した2018年版「労働経済の分析」(労働経済白書)でわかった。管理職の負担が増えていることが背景にありそうだ。

 独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が2~3月に正社員を対象に実施した調査(1万2355人が回答)を、厚労省が分析した。

 役職に就いていない社員らに絞って昇進への考えを調べたところ、「管理職以上に昇進したいとは思わない」が61・1%に上り、「管理職以上に昇進したい」は38・9%にとどまった。

 昇進を望まない理由(複数回答)では、「責任が重くなる」が71・3%で最も多かった。「業務量が増え、長時間労働になる」が65・8%、「現在の職務内容で働き続けたい」と「部下を管理・指導できる自信がない」が57・7%で続いた。

ということで、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査を厚労省が分析した結果、管理職になりたくない人が、61・1%で逆に管理職になりたい人が38・9%とのことだったらしい。

この記事の無料版では意見は特に書かれておらず、調査結果とその分析の一部しか書かれていないものの、管理職になりたくない人の割合が6割いるということがわかった。

管理職になりたくない人が6割しかいないらしい

管理職になりたくない人の割合である6割という数字をどう思うだろうか?幅魔王にとってこの6割という数字は非常に少ないものと感じた。

というのも幅魔王は入社当初から管理職には絶対になりたくなかった。しかも、入社当初は脱サラなど意識せずに定年まで会社にいようと考えていたくらいであった。

幅魔王が前いた会社は幅魔王が入社した当初、50代の役職についていない担当者が各グループに何人かいて課長待遇の給料をもらいながらのびのびと仕事をしていたのが印象的であった。

幅魔王は入社した当初から出世はせずにこういった50代のようになりたいと考えていた。

しかし、2013年ごろから状況は変わり始める。役職についていない職場の50代が職場から一掃され、取引先やグループ会社に左遷されてしまったのである。

左遷された後にこういった人にあったことはあるが、勤務地が急に遠くなり、慣れない仕事で非常に疲れている様子だった。おそらく給料も相当減らされたことは間違いないであろう。

とはいえ、出世して中間管理職になると終電近くまでの残業や休日出勤も増え、責任は重くなる一方で、それに見合った昇給はおそらくない。出世はしたくないというのは変わらなかったが、左遷もされたくなかった。

出世はしたくないし、左遷もされたくない。残された選択肢は脱サラしかなかった。そして、2016年に実際に脱サラすることになった。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める