吸い上げられている日本よりもまだましなアメリカで販売

Pocket

幅魔王は物販ビジネスでアメリカでの販売を強化することによって売上が急上昇した。その一方で、本ブログでは少なくともオバマ政権時代のアメリカ経済は堅調どころか崩壊寸前であることを強調している。なぜ崩壊寸前のアメリカで物販を強化していったのだろうか?

確かにオバマ政権時代のアメリカ経済は崩壊寸前であったが

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部では100億円不動産王ことチャーリータカ氏が世界中を回って世界経済の現状を説明するジアーストレンドというコンテンツが毎月配信されていた。

しかし、このジアーストレンドというコンテンツの中でもアメリカ経済に対する見解だけは常に真実と真逆であり支離滅裂であると感じていた。

参考記事:なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

特に100億円不動産王はオバマ政権時代のアメリカ経済を執拗に絶賛していた。

しかし、実態は

・二極化が進み貧困層が人口の半分に到達しようとしている
・シェールガスバブルが崩壊し、シェールガス関連企業が連鎖倒産した
・デトロイト市をはじめ、自治体の経済破綻が相次いだ
・政府の諸外国からの借金が増大し、債務上限引き上げによって問題を先延ばししている

当時のアメリカ経済は崩壊寸前であり、実際には崩壊していてそれを隠ぺいしているに過ぎないと見る専門家が多かった。

しかし、100億円不動産王はこの現状にはまったく触れずに執拗にアメリカ経済は好調であることを強調していた。なぜここまで真実と真逆のことを言えるのか実に謎であった。

吸い上げられている日本よりもまだましなアメリカで販売

少なくともオバマ政権時代のアメリカ経済は崩壊寸前であった一方で、幅魔王の物販ビジネスではアメリカでの販売を強化したことによって売上が急上昇した。

単純転売だけをやっていた時期に日本でどうがんばっても月商30万円くらいまでしかいなかったが、アメリカでは月商300万円までいった。アメリカでは日本の10倍の売上を記録したわけである。

アメリカのほうが日本の10倍の売上があったということはアメリカ経済が崩壊寸前であることと矛盾しているのではないだろうか?

しかし、これは矛盾していないと考えらえる。

まず、

・アメリカはAmazonの1強独占状態なのに対し日本はAmazonと楽天の2強である
・アメリカのほうが車社会でネットショッピングが発達している
・アメリカ経済は崩壊寸前とも言えたが、見方を変えれば貧困層が増えた一方で富裕層はますます裕福になり、ますます裕福になった富裕層だけでも日本の人口に匹敵するだけいる

といった実情がある。

さらには、アメリカ経済はオバマ政権時に非常に悪い状態にあったといえるが、日本経済も同様である。というのも日本は崩壊寸前のアメリカ経済が崩壊しないようにアメリカ国債を買い支える役割を担っていたからである。

オバマ政権時代はアメリカ経済も非常に悪い状態にあったが、アメリカから吸い上げられていた日本経済も同様に悪い状態にあったといえる。

ということで、単純転売で物販をやるとアメリカのほうが日本よりも圧倒的に売上が上がりやすい。これはアメリカ経済が崩壊寸前であったこととは矛盾していない。

しかし、VBCメンバーには幅魔王以外にアメリカで販売している人を聞いたことがない。そして、なぜかメンバーのほとんどの人が日本で販売している。実に謎である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める