アメリカで販売したから単純転売でも月商300万円行った

Pocket

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。2016年までは単純転売で売上を上げていたが、アメリカAmazonを活用したことによって月商300万円まで行けた。

アメリカで販売したから単純転売でも月商300万円行った

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

最初の1年半はなかなか売上が上がらなかった。しかし、2014年12月から売上が急上昇し、2017年1月には過去最大の月商300万円に到達した。

売上のほとんどはアメリカAmazonでの販売だった。しかも、タオバオやアリババから仕入れてそのまま販売する単純転売である。

単純転売だと当然のことながら競合が参入しやすい。そのため、売れている商品があっても競合が大量に参入してきてすぐに価格競争になり、利益が取れなくなってしまう。

しかし、アメリカAmazonの場合は競合が参入してくるスピードよりも売れるスピードのほうが高い商品がある。価格競争になっても価格を下げずに待っていれば安い価格で出品している競合が在庫切れを起こしてすぐに自分の番になる。

アメリカ経済は悪い状態にあるという話をよく聞くものの、富裕層は非常に購買力が強い。アメリカの上位3分の1の富裕層だけでも日本の人口に匹敵するため、アメリカAmazonの購買力は非常に強いことがよくわかる。そして、アメリカは日本から吸い上げることによって何とか経済崩壊を免れている状態が続いているという実情があるため、少なくとも日本経済よりはましな状態にある。

日本で単純転売してもせいぜい月商30万円

一方で、日本のAmazonでの販売はどうだっただろうか?

幅魔王が本格的にOEMを始めたのは2017年になってからである。つまり、2016年まではほとんど単純転売をやっていたわけであるが、どんなに頑張っても月商30万円までしかいかなかった。アメリカAmazonでは月商300万円まで行ったので、その10分の1である。

このように単純転売をやると圧倒的にアメリカAmazonのほうが売れやすいことがわかる。

GBC(現VBC)が本格的にOEMのサポートを強化し始めたのは2017年になってからである。そのため、2016年までは単純転売をやっていたメンバーがほとんどだったであろう。

日本のAmazonよりもアメリカAmazonのほうが圧倒的に売れるため、幅魔王以外にもアメリカAmazonで販売しているメンバーはいて、むしろアメリカAmazonで主に販売しているメンバーのほうが多数派であると思っていた。

しかし、VOPの講師をやるようになってわかったのだが、VBCのほとんどのメンバーがアメリカAmazonで販売しておらず、日本Amazonを主戦場としていることがわかった。そして、VBCのサービスもなぜか日本Amazonに特化したものが多く、アメリカAmazonで販売している人向けのサービスは少ない。

少なくとも単純転売であれば日本AmazonよりもアメリカAmazonのほうが圧倒的に売れることは明らかである。それなのになぜVBCのメンバーにはアメリカAmazonで販売しているメンバーがあまりいないのだろうか?実に謎である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める