少なからず成功者がいるGBCと全く成功者がいない他案件

Pocket

幅魔王は2013年にGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始し、脱サラするに至った。脱サラを1つの成功の基準とするのであれば物販ビジネスは成功である。GBCに入会した会員すべてが脱サラに成功したわけではなく、成功したのはほんの一部であろう。しかし、成功者が全くいない他の案件に比べればGBCは大成功といえる。

確かに成功したのは500人のうち一部であるが

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会し、そこで紹介されたGBC現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

GBCは中国を活用した物販の仕組みであったが、それを活用することによって2014年12月から収益が急上昇し、2016年10月に脱サラするに至った。

幅魔王のようにGBCを活用することによって脱サラした人は少なからずいた。しかし、GBCに最初に入会した500人の中で脱サラして今でも活動を継続している人はわずかであろう。

というのもGBCのSNSでは入会当初から「何を仕入れていいのかわからないのでまだ何もやっていません」という書き込みが相次ぎ、高い会費を払いながら何も行動を起こしていない人が多数いたからである。

GBCがここまで大成功を収めたのに何も行動を起こさなかったのは非常にもったいないことでその人の人生にとっては大きな損失であることは間違いない。

しかし、GBCに入会して何も行動を起こさなかった人が多数派であり、GBCを活用して脱サラに成功し、今でも活動を継続している人はほんの一部であろう。

少なからず成功者がいるGBCと全く成功者がいない他案件

GBCに入会したものの何も行動しなかった人からは「GBCでうまくいったという人を聞いたことがない」という発言を耳にしたことがある。

確かに初期にGBCに入会した人の中でうまくいって脱サラに成功した人はほんの一部かもしれない。しかし、ほんの一部とはいえ、幅魔王を含め脱サラに成功した人は少なからずいることは事実である。

一方で、GBCと同時期に紹介された他案件はどうだったであろう。

情報発信を軸としたビジネスとして神ブロガーPJ、flp、平城式という仕組みがGBCと同時期に紹介された。しかし、これらは誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまっている。

少なくとも一部の会員は稼げるようになったGBCに対して神ブロガーPJ、flp、平城式で稼げるようになって脱サラに成功した人は皆無であろう。いたとしてもそれは神ブロガーPJ、flp、平城式に入会する前からある程度稼げていた人である。

少なからず成功者のいるGBCと成功者が皆無の神ブロガーPJ、flp、平城式とで圧倒的な差が現れてしまったことは言うまでもない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める