裏付けのない仮想通貨よりも実体のある物販

Pocket

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、失敗案件続きで2017年1月に運営事務局が消滅し、立ち消え状態となってしまった。100億円不動産王自信は唯一の成功案件であるGBCも2016年に手放してしまって今は各案件の損失の補填をするために仮想通貨に躍起になっている。裏付けのない仮想通貨よりも実体のある物販のほうが確実なのになぜGBCを手放してしまったのだろうか?

唯一の成功案件であるGBCを手放した100億円不動産王

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部はビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産投資などで稼いだ原資を増やして100億円の資産構築を目的に結成された組織であった。

しかし、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。会員からは100億円不動産王倶楽部発の案件は失敗案件ばかりでないかという多くの不満の声が上がっていた。

確かに幅魔王が購入したタイ・アユタヤの不動産は詐欺案件であることがほぼ確定している。また、幅魔王が入会する前の紹介された油田投資やスポーツアービトラージといった明らかな詐欺案件もあった。

しかし、100億円不動産王倶楽部で紹介された案件のすべてが失敗案件であったとというわけではない。明らかな成功案件もあった。GBC(現VBC)である。GBCを活用することによっ毎月コンスタントに稼げるようになり、脱サラに成功した会員も多くいる。

100億円不動産王倶楽部もこのGBCを中心とした運営をすれば立ち消えになることはなかったと考えられる。しかし、GBCを作った100億円不動産王ことチャーリータカ氏は2016年1月にGBCを手放してしまったのである。なぜ唯一の成功案件であるGBCを手放すのか実に謎であった。

裏付けのない仮想通貨よりも実体のある物販

100億円不動産王は失敗案件が出るたびにその損失の補填に追われている状況である。2018年になってタイ・アユタヤの不動産の買取保証が解禁された。本来であれば一括返金であるはずだが、なぜか10年分割というわけのわからない条件を突き付けてきた。

これからもわかる通り、100億円不動産王倶楽部で紹介された各失敗案件の損失補填はもはや自転車操業状態である。

100億円不動産王自体は今仮想通貨に躍起になっている。仮想通貨自体や仮想通貨のセミナーで稼いだ資金を各失敗案件の補填に充てていると考えられる。

しかし、仮想通貨は裏付けのないものである。今上がっているものがあってもいつ破綻するかは予想がつかない。大手証券取引所と違い、取引所ごと飛ぶ可能性もある。

裏付けのない仮想通貨に躍起になるのであれば明らかに成功していて実体のある物販に躍起になったほうがいいのではないだろうか?

なぜ明らかに大成功を収めていたGBCを手放してしまったのだろうか?改めて考えてみると非常に謎である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める