事実に反しているため言い訳になっていない

Pocket

幅魔王が2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。幅魔王には来なかったが、旧運営事務局から個別にメッセージが来た人がいたらしい。

旧運営事務局からきたメッセージ

幅魔王は2013年に脱サラを目指すべく100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部はビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産などの投資によって原資を増やして100億円の資産構築を目的に結成された組織であった。

しかし、2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。

幅魔王には届いていなかったが、一部の会員に旧運営事務局から個別メッセージが入ったとの情報があった。
一部を抜粋すると、

・2012年4月にアービトラージ案件が破綻し、平城さんはその後処理に追われることになった。その後4年間弁護士に協力を仰ぎ平上さんは無報酬で裁判を闘った。
・原油案件も想定された利回りが出ず、結果的にルカ社の不正が発覚し、SECに裁かれることになった。
・その後チャーリーさん案件がことごとく上手く行かない為、コソボ案件以降はチャーリーさんに投資案件紹介をしないようチャーリーさんにお願いしてきた。
・案件紹介ではなく会員がビジネスで力をつけるため『神ブロガープロジェクト』を三人で立ち上げた。
・ビジネスで力をつけるためのGlobal FostrageやGlobal Back Office Phillipinesもうまくいっていないようだった。

とのことであった。

事実に反しているため言い訳になっていない

旧運営事務局のメッセージからわかるのは投資案件の紹介を中心としていきたい100億円不動産王ことチャーリータカ氏とビジネス原資を稼ぐ力を会員につけさせたい運営事務局との方向性の違いで対立が生じていたことである。

特に旧運営事務局側はコソボ案件以降は投資案件を紹介しないという方針だったらしい。

しかし、これは真実ではないことを幅魔王自身が確認している。

というのも幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。そして、2013年6月にマレーシア・ジョホールバルの不動産の説明会に参加し、マレーシア・ジョホールバルの不動産を購入するに至った。

この不動産の説明会は決起集会のような形で100億円不動産王倶楽部の会員向けにメッセージを送ってきた旧運営事務局もスピーカー側に入っていた。つまり、旧運絵事務局側がこのマレーシア・ジョホールバルの不動産を紹介したということは明らかである。

2013年6月時点で既にコソボ案件は紹介済みであり、コソボ案件以降にこのマレーシア・ジョホールバルの案件が紹介されたため、旧運営事務局側はコソボ案件以降は投資案件を紹介しないという方針というのは事実に反することは明らかである。

旧運営事務局のメッセージを受けた会員からは言い訳だけで謝罪の言葉が一切ないという不満の声が上がっている。謝罪の言葉がないどころか言っていることが事実に反し、言い訳にすらなっていないことがわかる。メッセージを送ってきた旧運営事務局は事実を明らかにしてほしいものである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める