GBCで1000万円以上利益が出たことを突っ込まれたら

Pocket

100億円不動産王倶楽部に入会してから5年が経過した。まだ全額返金保証まで5年近くあるが、全額返金を請求する際に送るメールの文面を先日考えてみた。全額返金をするにあたり、「1000万円以上の利益を出せなかった理由」という項目がある。突っ込まれることはないと思うが、もしGBCで1000万円以上の利益が出ていることを突っ込まれた場合の反論について考えていこうと思う。

100億円不動産王倶楽部入会金全額保証の条件

幅魔王は2013年に脱サラを目指すべく100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部はビジネスで原資を増やし、海外不動産などの投資で原資を増やして100億円の資産構築を目的に結成された組織であった。

しかし、100億円不動産王倶楽部自体は2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。

この100億円不動産王倶楽部であるが、入会から10年後に全額返金保証というものがある。その条件は以下の通りである。

10年間この倶楽部を通して学んだことで、

1,000万円以上の利益が出せなかった場合
もしくは、”ほんの少しでも”納得いかなかった場合
購入されてから10年後から6ヶ月間以内に、以下の【必要事項】を記載の上、 運営事務局宛にメール頂いた場合、受講費用を「銀行振込手数料」も運営側で負担する形で全額返金致します。

先日、1,000万円以上の利益が出せなかった理由をどのように説明して全額返金保証を受けるかについて考えた。

参考記事:1000万円以上の利益を出せなかった理由

まさか突っ込まれることはないと思うが、全額返金保証を請求するとき、GBC(現VBC)で1000万円以上の利益を上げているとを突っ込まれる可能性もわずかながらある。

GBCで1000万円以上利益が出たことを突っ込まれたら

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会し、そこで紹介されたGBC(現VBC)を活用することによって脱サラするに至った。

100億円不動産王倶楽部の全額返金保証が解禁されるのは2023年であるが、その時にはGBC(現VBC)で累計1000万円以上の利益を上げている可能性がある。

100億円不動産王倶楽部の運営事務局は既に2017年1月に消滅し、幅魔王がGBCで100万円以上の利益を上げてたとしてもそれを証明して幅魔王に突っ込みを入れてくることはまずないと考えられる。しかし、100億円不動産王が幅魔王ブログを読んでこのことに気づく可能性も0ではないため、突っ込まれた場合の反論を考えてみる。

100億円不動産王倶楽部の講師陣にGBCの関係者は一切入っていなかった。従って、GBCは100億円不動産王倶楽部で紹介された組織であるが、100億円不動産王倶楽部とは別組織である。従って、仮にGBCで1000万円以上の利益を上げても”10年間この倶楽部を通して学んだことで1000万円以上の利益を上げた”には該当しない。

また、GBCは2016年1月にVBCとして分社化された。100億円不動産王自体もVBCの運営には関わっていない。仮に分社化される前のGBCで上げた利益が”10年間この倶楽部を通して学んだこと”に該当するとしてもGBCから分社化した後のVBCは完全に100億円不動産王倶楽部とは別組織であり、VBCで上げた利益に関しては”10年間この倶楽部を通して学んだこと”には該当しないのは明らかである。少なくともGBCに入会した2013年からVBCとして分社化されるまでの2016年までの間は1000万円以上の利益上げていない。従って、”10年間この倶楽部を通して学んだことで1000万円以上の利益を上げた”には該当しない。

もし、2023年に全額返金保証を請求して、「GBCを通じて1000万円の利益を上げた」ことを突っ込まれたら上記のように反論するであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める