金銭的な問題以外で再就職する意思は全くない

Pocket

幅魔王が2016年10月に脱サラしてから2年近くが経過した。脱サラすると会社からの安定収入を失うため、貯金が減って生活できなくなるというのが最大の心配事である。貯金がもたないから再就職を検討せざるを得ないという人もいるが、中にはやることがなかったり、社会とのつながりが欲しいという理由で再就職する人もいる。幅魔王にはこういった人が全く理解できない。

脱サラしてもうすぐ2年

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。2018年10月で脱サラしてから2年が経過する。

脱サラすると会社員時代の様々なストレスから解放される一方で会社からの安定収入を失う。

幅魔王も毎月のように最悪に近い事態を想定したうえであとのどのくらい貯金が持つかというのを計算している。

さすがに会社からの安定収入を失うと貯金が少しずつ減ってきてはいるが、それでも脱サラしてから2年近く経過した2018年8月時点ではまだ最悪に近い事態を想定しても貯金が尽きるまであと3年近くある。

再就職の準備にかかる期間を半年と仮定すればまだ再就職を意識する状況ではない。貯金がもっと減って来た場合は香港への長期積み立て投資の積み立てをやめたり、そこから資金を引き出したりなどすればもっと寿命を延ばすことができる。

ということで、貯金は減ってきているとはいえ、まだ再就職を意識する状況ではない。

金銭的な問題以外で再就職する意思は全くない

まだ再就職を意識する状況ではないとはいえ、少しずつ貯金は減ってきてはいる。貯金が尽きるまでの期間はそれなりにあるとはいえ、さすがに自分の寿命よりは長い。

その一方で、毎年のように追加融資を獲得しているので、その金額が増えていけば貯金が尽きる心配はそのうちなくなっていくであろう。

貯金が尽きる心配がなくなれば再就職する意思は全くない。

しかし、世の中には貯金の心配をしなくても再就職する人もいる。再就職する理由としては、毎日やることがないということと何らかの形で社会とつながっていたいということがあるらしい。

毎日やることがないといっても再就職して自分が望んでいない仕事をやらなければならないのであればやることがないほうがましである。仕事以外で人間関係を構築することはいくらでも可能であるし、自分と合わない人と一緒にわざわざ好きでもない仕事をしてまで社会とつながっていたいなんて思わない。

ということで幅魔王は金銭的な心配がなければ再就職する意思など全くないし、金銭的な問題以外で再就職しようとする人間の意図が全く分からない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める